<CS速報>広島が乱打戦を制し25年ぶりの日本S進出決定!

公開日: : スポーツ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦が15日、マツダスタジアムで行われ広島が横浜DeNAを8-7のスコアで下し25年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。脅威の1番、田中広輔(27)が4試合連続の先頭打者出塁で作ったチャンスを足がかりに初回に大量6点。先発の岡田明丈(22)が、8安打4失点するなどピリっとせず、終盤に1点差にまで迫られる大乱打戦になったが、2桁安打で打ち勝った。パ・リーグの相手は決まっていないが、日本シリーズは来週22日から本拠地マツダスタジアムで開幕する。

 脅威の打率.889。広島の“CS男”となったトップバッター、田中が初回から四球で出塁した。先発、今永に追い込まれてからファウルで粘った。これで4試合連続の初回先頭打者出塁。4試合13打席のうち、12度出塁というから驚きの数字である。「熱い田中の状態が冷却してくれればいいのだが」と、試合前、ラミレス監督は冗談半分に語っていたが、冷えるどころか、ますます熱い。

 菊池がバントで送り一死二塁。丸も四球で歩き、4番の新井が打席に入った。新井は、3-1とカウントを有利に運んで、外角低めのボールをしぶとく三遊間へ。田中が先制ホーム。新井は表情をサングラスに隠したまま右腕を上げた。

 さらに鈴木誠也がファイナルステージ初ヒットをレフト前へ詰まりながらもフルスイングで弾き返した。2点目のタイムリー。今季8勝9敗、防御率2.93の立派な数字を残したルーキー、今永も広島の勢いに飲まれてしまった。そしてエルドレッドが続く。ライトスタンドへ滞空時間の長い3ラン。

「コンパクトなスイングを意識したが、最高の結果になってよかったです」

 一気に5点を奪い取り、打者一巡。二死一、二塁から、また田中が一、二塁間にタイムリー。いつ終わるのかという長い、長い攻撃で6点目が入った。

「負けたら終わり」の王手をかけられた試合のスタートで、いきなり6点のハンディを背負った横浜DeNAだが、簡単にはギブアップはしない。広島の先発、ルーキーの岡田を攻め、2回一死から宮崎がセンターフェンス直撃の二塁打。エリアンは、平凡な一塁ゴロだったが、一塁カバーに入った岡田が、新井のトスを落球。相手のミスで一死一、三塁とチャンスを広げて倉本がライト前タイムリー。ライトから三塁への送球が乱れる間に、エリアンまで生還。2点を返した。

 3回にも桑原がヒットで出塁すると、巨人戦の死球で負った骨折をおして出場している梶谷がライトスタンドへ2ラン。「スライダー。勝つしかない。絶対にあきらめません」。執念の一発で2点差にまで詰め寄った。

 だが、広島も、その裏二死二塁の場面で3番手の砂田から菊池が高めのボール球をセンター前へタイムリー。3点差として、5回には、二死二塁から、再び田中だ。外のボールに逆らわずレフト前へ、この日、2本目となるタイムリーヒット。もう“神っている”のは鈴木でなく田中だろう。8-4とリードを広げた。

 広島は6回から一岡にスイッチしたが、戸柱の左中間三塁打などで2点を失い、再び2点差に迫られる。横浜DeNAも、決してあきらめず、壮絶な乱打戦となった。
 7回は3番手の今村からロペスがレフトスタンドへライナーで飛び込む追撃のソロ。ついに1点差としたが、広島は、8回からジャクソンを投入。3者凡退で締めて流れを引き戻すと、1点差のしびれる展開で、9回は大歓声に後押しされながら“守護神”の中崎。二死からロペスを歩かせ、2冠の筒香を迎えたが、正面から勝負して三球三振でリードを守り切った。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000004-wordleafs-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

本田圭佑

ナポリ対ミランはドローで痛み分け フル出場本田が同点弾を演出

22日に行われたセリエA第26節、ナポリ対ミランの一戦は、1-1のドローに終わった。MF本田圭佑は先

記事を読む

サイン盗み

サイン盗み?秀岳館 球審から注意受けた 二塁走者の手の動きが…

◇第88回選抜高校野球大会1回戦 秀岳館6―5花咲徳栄(2016年3月23日 甲子園) 秀

記事を読む

ブーメラン継投

石見智翠館 甲子園を驚かせた「ブーメラン継投」

石見智翠館(島根)は、ピンチになると主将の右腕・田中将貴(3年)がマウンドに上がる「ブーメラン継投」

記事を読む

プレミア12

【侍ジャパン】大谷、161キロ!6回零封10Kで韓国を手玉、初代王者へ白星発進!

◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 日本5―0韓国(8日・札幌ドーム)  日本と台湾で初開催

記事を読む

出雲駅伝

東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6区間45・1キロ) 東海

記事を読む

渋谷莉孔

【格闘技】“リアル刃牙”渋谷、失明を告白…引退へ

シンガポールの格闘技団体「ONE」で活躍している“リアル刃牙”こと渋谷莉孔(りく、30)が、失明して

記事を読む

ビシエド

中日ビシエド「人生初」1イニング2発は19人目

<巨人1-8中日>◇7日◇東京ドーム  「人生初」の1イニング2発だ。中日の主砲ダヤン・ビシエ

記事を読む

一本背負い投法

【一本背負い投法】札幌東・近藤、“一本背負い投法”のきっかけは?

◆第70回秋季北海道高校野球大会札幌地区予選 Eブロック2回戦 札幌東2-0札幌光星(6日、札幌・麻

記事を読む

香川真司QBK

香川真司QBK炸裂 絶好機を逃しいら立つ

【前半43分 日本】 岡崎のポストプレーから武藤がエリア内へ抜け出す。 深くえぐってからファー

記事を読む

稲村亜美 打たれた

“神スイング”の稲村亜美、始球式で98キロを陽岱鋼に打たれる

(パ・リーグ、西武-日本ハム、1回戦、5日、西武プリンスドーム)「文化放送DAY IN西武プリンス

記事を読む

ギャレット・ジョーンズ

【巨人】由伸監督、メジャー122発「マー君を救った男」とクルーズをW獲り

巨人が来季の新主砲候補に前ヤンキースのギャレット・ジョーンズ外野手(34)をリストアップしたことが8

記事を読む

久保

【U-17ワールドカップ】久保建英、中村敬斗がゴール!!

サッカーのU─17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は8日、インドのグワハティなどで1次リーグ第1

記事を読む

沢村の大暴投

沢村の大暴投が米国でも話題 制御失った白球に「こんなの見たことない」

 巨人・沢村の大暴投が海の向こうでも話題となっている。米国のFOXスポーツは4日(日本時間5日)、フ

記事を読む

乱闘

2度の乱闘騒ぎ、投手も大乱調…ヤクルト 今季初5連敗

◇交流戦 ヤクルト9―14オリックス(2016年6月5日 神宮)  ヤクルトは今季初の5連敗で

記事を読む

日韓戦

【日韓戦】U23日本、0-2から3発逆転! ドーハの奇跡V

<リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本3-2韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

記事を読む

ホールインワン

【超レア】マスターズ初の偉業 16Hで1日3人がホールインワン達成

 80年のマスターズの歴史で初の偉業だ。  16番パー3(170ヤード)でエースが1日に3人も

記事を読む

浅田真央

【フィギュア】「予想外のレベル」真央SP首位発進 本郷が2位

◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦「中国杯」(6日、北京)  女子ショートプログラム(S

記事を読む

琴勇輝

白鵬、駄目押しなら出場停止も…琴勇輝「ホウ!」にも注意

 日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)、藤島副部長(元大関武双山)、友綱副部長(元関脇魁輝

記事を読む

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba

日本シリーズ、誤実況連発のTBSアナに総ツッコミ 追加点の一発を「同点HR」

 「日本シリーズ・第1戦、広島-日本ハム」(22日、マツダスタジアム)  実況のTBSアナウン

記事を読む

サッカー日本代表

<サッカー日本代表>6ゴールでアフガンに完勝 2位浮上

【テヘラン大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選が8日行われ、6大会連続

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
煽り運転
【煽り運転】「あおり運転」摘発、7625件!!

全国の警察が昨年1年間に、前方を走行中の車をあおるなどしたとして、道交

ハンコ王子
【ロマトニオロ】浅田真央、「ハンコ王子」とデート報道!!

元フィギュアスケート選手の浅田真央さん(27)のデート現場が、2017

にゃんこスター
【にゃんこスター】恋人同士だった!! コンビ結成直前から交際

結成わずか5カ月ながらコント日本一を決めるTBS「キングオブコント20

出雲駅伝
東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6

久保
【U-17ワールドカップ】久保建英、中村敬斗がゴール!!

サッカーのU─17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は8日、インドの

→もっと見る

  • ss_shikujiri_s
  • YouTubemail
  • スポンサー リンク
  • 300×250
PAGE TOP ↑