<CS速報>広島が乱打戦を制し25年ぶりの日本S進出決定!

公開日: : スポーツ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦が15日、マツダスタジアムで行われ広島が横浜DeNAを8-7のスコアで下し25年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。脅威の1番、田中広輔(27)が4試合連続の先頭打者出塁で作ったチャンスを足がかりに初回に大量6点。先発の岡田明丈(22)が、8安打4失点するなどピリっとせず、終盤に1点差にまで迫られる大乱打戦になったが、2桁安打で打ち勝った。パ・リーグの相手は決まっていないが、日本シリーズは来週22日から本拠地マツダスタジアムで開幕する。

 脅威の打率.889。広島の“CS男”となったトップバッター、田中が初回から四球で出塁した。先発、今永に追い込まれてからファウルで粘った。これで4試合連続の初回先頭打者出塁。4試合13打席のうち、12度出塁というから驚きの数字である。「熱い田中の状態が冷却してくれればいいのだが」と、試合前、ラミレス監督は冗談半分に語っていたが、冷えるどころか、ますます熱い。

 菊池がバントで送り一死二塁。丸も四球で歩き、4番の新井が打席に入った。新井は、3-1とカウントを有利に運んで、外角低めのボールをしぶとく三遊間へ。田中が先制ホーム。新井は表情をサングラスに隠したまま右腕を上げた。

 さらに鈴木誠也がファイナルステージ初ヒットをレフト前へ詰まりながらもフルスイングで弾き返した。2点目のタイムリー。今季8勝9敗、防御率2.93の立派な数字を残したルーキー、今永も広島の勢いに飲まれてしまった。そしてエルドレッドが続く。ライトスタンドへ滞空時間の長い3ラン。

「コンパクトなスイングを意識したが、最高の結果になってよかったです」

 一気に5点を奪い取り、打者一巡。二死一、二塁から、また田中が一、二塁間にタイムリー。いつ終わるのかという長い、長い攻撃で6点目が入った。

「負けたら終わり」の王手をかけられた試合のスタートで、いきなり6点のハンディを背負った横浜DeNAだが、簡単にはギブアップはしない。広島の先発、ルーキーの岡田を攻め、2回一死から宮崎がセンターフェンス直撃の二塁打。エリアンは、平凡な一塁ゴロだったが、一塁カバーに入った岡田が、新井のトスを落球。相手のミスで一死一、三塁とチャンスを広げて倉本がライト前タイムリー。ライトから三塁への送球が乱れる間に、エリアンまで生還。2点を返した。

 3回にも桑原がヒットで出塁すると、巨人戦の死球で負った骨折をおして出場している梶谷がライトスタンドへ2ラン。「スライダー。勝つしかない。絶対にあきらめません」。執念の一発で2点差にまで詰め寄った。

 だが、広島も、その裏二死二塁の場面で3番手の砂田から菊池が高めのボール球をセンター前へタイムリー。3点差として、5回には、二死二塁から、再び田中だ。外のボールに逆らわずレフト前へ、この日、2本目となるタイムリーヒット。もう“神っている”のは鈴木でなく田中だろう。8-4とリードを広げた。

 広島は6回から一岡にスイッチしたが、戸柱の左中間三塁打などで2点を失い、再び2点差に迫られる。横浜DeNAも、決してあきらめず、壮絶な乱打戦となった。
 7回は3番手の今村からロペスがレフトスタンドへライナーで飛び込む追撃のソロ。ついに1点差としたが、広島は、8回からジャクソンを投入。3者凡退で締めて流れを引き戻すと、1点差のしびれる展開で、9回は大歓声に後押しされながら“守護神”の中崎。二死からロペスを歩かせ、2冠の筒香を迎えたが、正面から勝負して三球三振でリードを守り切った。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000004-wordleafs-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

村田諒太

村田諒太が世界へ加速 プロ10戦目4回TKO勝利

<プロボクシング:WBCノンタイトル10回戦>◇14日◇中国・香港  【香港=奥山将志】WBC

記事を読む

山田哲人

燕・山田、史上9人目「トリプルスリー」確実!チームは虎と0・5差

(セ・リーグ、ヤクルト6-0広島、21回戦、ヤクルト11勝10敗、6日、神宮)ヤクルト・山田哲人内野

記事を読む

中島翔哉

【中島翔哉】日本対イラン 鮮烈ミドル弾…日本リオ五輪王手

◇U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン(2016年1月22日 カタール・ドーハ)

記事を読む

メジャーエンブレム

メジャーエンブレム5馬身差圧勝/クイーンC

<クイーンC>◇13日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走16頭  クリストフ・ルメ

記事を読む

渡辺雄太

五輪へ最終兵器 203センチ渡辺雄太がダンク連発

 男子バスケットボールのリオ五輪最終予選へ向け、日本の最終兵器がベールを脱いだ。米国カレッジバスケッ

記事を読む

幻の本塁打

広島が延長十二回“幻の本塁打”で勝利逃す

「阪神2-2広島」(12日、甲子園球場)  延長十二回ドロー。広島は微妙な判定に泣き、勝利を逃

記事を読む

岡崎

岡崎弾で勝利のレスター、首位守りクリスマスへ

15-16イングランド・プレミアリーグは19日、第17節の試合が行われ、レスター・シティ(Leice

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

松坂大輔

ソフトバンク松坂スライダーエグいッ!城所「真横に曲がってヤバかった」

「ソフトバンク春季キャンプ」(16日、宮崎)  右肩手術からの復活を目指すソフトバンク・松坂大

記事を読む

青森山田

青森山田、ロングスローから同点ヘッドで8強

<高校サッカー:青森山田2(5PK4)2桐光学園>◇3回戦◇3日◇ニッパ球  青森山田が得意の

記事を読む

カオスの15秒間

あわやオウンゴールからの劇的弾が話題に

海外メディアも仰天! CS準決勝、G大阪の2点目は「カオスの15秒間」「クレイジーな展開」 2

記事を読む

秋山翔吾

西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪  西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球の

記事を読む

沢村の大暴投

沢村の大暴投が米国でも話題 制御失った白球に「こんなの見たことない」

 巨人・沢村の大暴投が海の向こうでも話題となっている。米国のFOXスポーツは4日(日本時間5日)、フ

記事を読む

サッカー日本代表

<サッカー日本代表>6ゴールでアフガンに完勝 2位浮上

【テヘラン大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選が8日行われ、6大会連続

記事を読む

故意落球

ロッテ伊東監督 猛抗議「故意落球なんて初めて聞いたわ」

◇パ・リーグ ロッテ1―1西武(2016年9月2日 QVCマリン)  ロッテ・伊東監督の怒りは

記事を読む

%e6%97%a5%e5%8f%b0%e6%85%88%e5%96%84%e8%a9%a6%e5%90%88

王さんの1本足華麗に復活、総立ちファン拍手

<日台慈善試合:巨人OB選抜15-11台湾OB選抜>◇20日◇台湾・台中市  世界のホームラン

記事を読む

岡崎のオーバーヘッド

地元紙がレスター岡崎のオーバーヘッド弾に賛辞 「試合は忘れ去られても、記憶に残るゴール」

レスターの日本代表FW岡崎慎司は14日のニューカッスル戦で、本拠地キングパワー・スタジアムでの今季

記事を読む

警告試合

【警告試合】巨人-中日戦が乱闘寸前の騒ぎで警告試合に ポレダの死球にルナが睨む

巨人・ポレダが荒れ球に苦しみながら後半戦初勝利となる7勝目を挙げた。5回115球を投げ5安打2失点(

記事を読む

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e7%bf%94%e5%b9%b3

日本ハム、4年ぶりパ制覇 大谷が15奪三振の快投

プロ野球パ・リーグの日本ハムは28日、西武プリンスドームで行われた西武戦に1-0で勝って4年ぶり7度

記事を読む

山中慎介

山中慎介 激闘制しV10!地元に感謝「気持ちが折れずに戦えた」

◆報知新聞社後援「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム(53・5キロ以下)タイトルマッ

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
ハンコ王子
【ロマトニオロ】浅田真央、「ハンコ王子」とデート報道!!

元フィギュアスケート選手の浅田真央さん(27)のデート現場が、2017

にゃんこスター
【にゃんこスター】恋人同士だった!! コンビ結成直前から交際

結成わずか5カ月ながらコント日本一を決めるTBS「キングオブコント20

出雲駅伝
東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6

久保
【U-17ワールドカップ】久保建英、中村敬斗がゴール!!

サッカーのU─17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は8日、インドの

土浦全国花火競技大会
【土浦全国花火競技大会】夜空を彩る2万発に75万人が酔いしれる

茨城県土浦市で7日夜、秋の夜空を彩る「第86回土浦全国花火競技大会」が

→もっと見る

  • 1oku
  • YouTubemail
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑