<CS速報>広島が乱打戦を制し25年ぶりの日本S進出決定!

公開日: : スポーツ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦が15日、マツダスタジアムで行われ広島が横浜DeNAを8-7のスコアで下し25年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。脅威の1番、田中広輔(27)が4試合連続の先頭打者出塁で作ったチャンスを足がかりに初回に大量6点。先発の岡田明丈(22)が、8安打4失点するなどピリっとせず、終盤に1点差にまで迫られる大乱打戦になったが、2桁安打で打ち勝った。パ・リーグの相手は決まっていないが、日本シリーズは来週22日から本拠地マツダスタジアムで開幕する。

 脅威の打率.889。広島の“CS男”となったトップバッター、田中が初回から四球で出塁した。先発、今永に追い込まれてからファウルで粘った。これで4試合連続の初回先頭打者出塁。4試合13打席のうち、12度出塁というから驚きの数字である。「熱い田中の状態が冷却してくれればいいのだが」と、試合前、ラミレス監督は冗談半分に語っていたが、冷えるどころか、ますます熱い。

 菊池がバントで送り一死二塁。丸も四球で歩き、4番の新井が打席に入った。新井は、3-1とカウントを有利に運んで、外角低めのボールをしぶとく三遊間へ。田中が先制ホーム。新井は表情をサングラスに隠したまま右腕を上げた。

 さらに鈴木誠也がファイナルステージ初ヒットをレフト前へ詰まりながらもフルスイングで弾き返した。2点目のタイムリー。今季8勝9敗、防御率2.93の立派な数字を残したルーキー、今永も広島の勢いに飲まれてしまった。そしてエルドレッドが続く。ライトスタンドへ滞空時間の長い3ラン。

「コンパクトなスイングを意識したが、最高の結果になってよかったです」

 一気に5点を奪い取り、打者一巡。二死一、二塁から、また田中が一、二塁間にタイムリー。いつ終わるのかという長い、長い攻撃で6点目が入った。

「負けたら終わり」の王手をかけられた試合のスタートで、いきなり6点のハンディを背負った横浜DeNAだが、簡単にはギブアップはしない。広島の先発、ルーキーの岡田を攻め、2回一死から宮崎がセンターフェンス直撃の二塁打。エリアンは、平凡な一塁ゴロだったが、一塁カバーに入った岡田が、新井のトスを落球。相手のミスで一死一、三塁とチャンスを広げて倉本がライト前タイムリー。ライトから三塁への送球が乱れる間に、エリアンまで生還。2点を返した。

 3回にも桑原がヒットで出塁すると、巨人戦の死球で負った骨折をおして出場している梶谷がライトスタンドへ2ラン。「スライダー。勝つしかない。絶対にあきらめません」。執念の一発で2点差にまで詰め寄った。

 だが、広島も、その裏二死二塁の場面で3番手の砂田から菊池が高めのボール球をセンター前へタイムリー。3点差として、5回には、二死二塁から、再び田中だ。外のボールに逆らわずレフト前へ、この日、2本目となるタイムリーヒット。もう“神っている”のは鈴木でなく田中だろう。8-4とリードを広げた。

 広島は6回から一岡にスイッチしたが、戸柱の左中間三塁打などで2点を失い、再び2点差に迫られる。横浜DeNAも、決してあきらめず、壮絶な乱打戦となった。
 7回は3番手の今村からロペスがレフトスタンドへライナーで飛び込む追撃のソロ。ついに1点差としたが、広島は、8回からジャクソンを投入。3者凡退で締めて流れを引き戻すと、1点差のしびれる展開で、9回は大歓声に後押しされながら“守護神”の中崎。二死からロペスを歩かせ、2冠の筒香を迎えたが、正面から勝負して三球三振でリードを守り切った。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000004-wordleafs-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

菊池涼介

侍菊池が魅せた!忍者守備でまたも世界を魅了

 侍ジャパンの菊池涼介内野手(27=広島)が守備で魅せた。  両チーム無得点の6回1死、メジャ

記事を読む

本田圭佑

本田圭佑「僕が勝たせたと書いて」1年4カ月ぶり弾

<セリエA:ACミラン2-1ジェノア>◇14日◇ミラノ  ACミランの日本代表FW本田圭佑(2

記事を読む

%e5%86%85%e5%b7%9d

大谷 日本最速165キロ3連発!DH守護神が漫画みたいな初S

 ◇パ・リーグCSファイナルS第5戦 日本ハム7―4ソフトバンク(2016年10月16日 札幌D)

記事を読む

乾貴士 エイバル

乾、技ありボレーで大勝呼び込む 移籍後初ゴールから2戦連発/リーガ

リーガ・エスパニョーラは現地時間18日に第20節の残り1試合が行なわれ、乾貴士所属の6位エイバルがホ

記事を読む

高木京介 会見

巨人・高木京介が号泣会見「恐ろしい人」、賭博公表後に家族に電話も

野球賭博への関与が発覚した巨人・高木京介投手(26)が9日、東京・大手町の球団事務所で記者会見し、涙

記事を読む

%e4%b8%89%e6%b5%a6%e5%a4%a7%e8%bc%94

DeNA“番長”三浦 ラスト登板は10失点 25年間の現役生活にピリオド

「DeNA6-11ヤクルト」(29日、横浜スタジアム)  DeNAの三浦大輔投手(42)が今季

記事を読む

乱闘

2度の乱闘騒ぎ、投手も大乱調…ヤクルト 今季初5連敗

◇交流戦 ヤクルト9―14オリックス(2016年6月5日 神宮)  ヤクルトは今季初の5連敗で

記事を読む

玉野光南

海を渡った玉野光南の選手権決定ミラクル弾 欧州メディアが「年間ベストゴール」と大絶賛

高校選手権岡山県大会決勝で生まれた伝説  全国高校サッカー選手権の岡山県予選決勝戦の玉野光南対作陽

記事を読む

くせえな、お前

「くせえな、お前」 浦和DF森脇が鹿島MFレオ・シルバに侮辱発言か 小笠原「言葉の暴力」と憤慨

両軍入り乱れる騒動後、森脇がある言動をしたと小笠原が主張  鹿島アントラーズの主将MF小笠原満男が

記事を読む

渡部香生子 金

渡部香生子が世界水泳で「金」 自身2個目のメダル獲得

水泳の世界選手権第15日は7日、ロシアのカザンで行われ、競泳女子200メートル平泳ぎ決勝で渡部香生子

記事を読む

青森山田2

【高校サッカー】青森山田、後半ロスタイムの悲劇 決勝進出逃す

◆第94回全国高校サッカー選手権 ▽準決勝 国学院久我山(東京A)2(1─1、1─0)1青森山田(青

記事を読む

松坂大輔

ソフトバンク松坂スライダーエグいッ!城所「真横に曲がってヤバかった」

「ソフトバンク春季キャンプ」(16日、宮崎)  右肩手術からの復活を目指すソフトバンク・松坂大

記事を読む

幻の本塁打

広島が延長十二回“幻の本塁打”で勝利逃す

「阪神2-2広島」(12日、甲子園球場)  延長十二回ドロー。広島は微妙な判定に泣き、勝利を逃

記事を読む

琴勇輝

白鵬、駄目押しなら出場停止も…琴勇輝「ホウ!」にも注意

 日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)、藤島副部長(元大関武双山)、友綱副部長(元関脇魁輝

記事を読む

山田哲人 3本

【日本シリーズ】ヤクルト・山田がミスターに並ぶ3打席連続アーチ

ヤクルト・山田哲人が27日の日本シリーズ第3戦(神宮)で、長嶋茂雄氏(巨人)に並ぶシリーズ記録 3打

記事を読む

宇良

【宇良】業師の宇良「とったり」で逆転勝ち!!

大相撲秋場所初日の10日、宇良が業師らしく「とったり」で逆転勝ち。正代の出足に土俵際まで下がったが、

記事を読む

清宮

清宮2試合連発 1年で大会2本塁打、桑田以来32年ぶり

「高校野球・準々決勝、早実8-1九州国際大付」(17日、甲子園)  早実(西東京)の注目のスラ

記事を読む

田中賢介

ソフトバンク 日本ハム・田中賢介の“危険走塁”で意見書提出へ

 ソフトバンクが3日の日本ハム戦(東京ドーム)の6回、二塁上のクロスプレーで川島慶三内野手(32)が

記事を読む

浅野拓磨

FW浅野拓磨 不発に号泣…ラスト絶好機にパス選択

 「キリン杯・決勝、日本1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ」(7日、市立吹田サッカースタジアム)

記事を読む

サイン盗み

サイン盗み?秀岳館 球審から注意受けた 二塁走者の手の動きが…

◇第88回選抜高校野球大会1回戦 秀岳館6―5花咲徳栄(2016年3月23日 甲子園) 秀

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑