【U-18W杯】日本、1点及ばず初優勝逃す 米国が大会3連覇

公開日: : スポーツ

● 日本代表 1 - 2 米国代表 ○
<U-18 W杯決勝・甲子園>

 第27回U-18ワールドカップの決勝が行われ、日本代表は接戦の末に米国代表に1-2で敗れ、惜しくも大会初優勝を逃した。

 日本代表の先発は、2戦連続完投勝利の佐藤(仙台育英)。初回、先頭打者にいきなり四球を与えるも、一死から3番バクストの右中間へのライナーを、中堅手・オコエ(関東一)が好捕。これに救われた佐藤は、2回を三者連続三振に抑えるなど本来の調子を取り戻した。

 しかし0-0の3回、一死二塁のピンチを招くと、2番モニアクのピッチャー正面のゴロを好捕するも、三塁送球が暴投となりミスで先制点を献上。さらに、二死二塁から打ち取った打球がライト前へポトリと落ち、不運な形で2点目を失った。

 打線は0-2で迎えた6回、先頭の8番篠原(敦賀気比)が四球で出塁。一死から1番杉崎(東海大相模)がライト線への二塁打を放ち、一打同点のチャンスを作った。しかし2番津田(浦和学院)の打席で、捕手がボールを逸らす間に三塁走者・篠原が果敢に本塁を狙うも、これは間一髪タッチアウトとなった。

 それでも津田が、米国先発・プラットからしぶとくライト前タイムリーを放ち1点差。さらに3番勝俣(東海大菅生)、4番清宮(早稲田実)の連打で二死満塁とし、5番平沢(仙台育英)が一塁手・バクストを強襲する打球を放ったが、一塁への執念のヘッドスライディングも実らず3つ目のアウトを奪われた。

 日本は5回から登板した2番手の上野(中京大中京)が好救援。伸びのある直球を軸に5イニングを無失点に抑えたが、打線の反撃があと一歩及ばなかった。

 対する米国代表は、先発の16歳左腕・プラットが好投。野手陣も最後まで集中を切らさず、完全アウェイの中で大会3連覇を成し遂げた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150906-00046944-baseballk-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba

日本シリーズ、誤実況連発のTBSアナに総ツッコミ 追加点の一発を「同点HR」

 「日本シリーズ・第1戦、広島-日本ハム」(22日、マツダスタジアム)  実況のTBSアナウン

記事を読む

柿谷

【C大阪】柿谷“ひらめき”芸術的ヒール弾で開幕3連勝

◆J2第3節 C大阪1―0群馬(12日・キンチョウスタジアム)  帰ってきた背番号8の“ひらめ

記事を読む

20180524-OHT1I50025-L

【日大緊急会見】司会者ブチ切れ!?

https://youtu.be/9YZS-C5UrJU

記事を読む

稲村亜美 打たれた

“神スイング”の稲村亜美、始球式で98キロを陽岱鋼に打たれる

(パ・リーグ、西武-日本ハム、1回戦、5日、西武プリンスドーム)「文化放送DAY IN西武プリンス

記事を読む

トリックFK

英紙、東福岡のトリックFKを“狂気の踊る壁”と絶賛「敬意を表す」

11日に行われた第94回全国高校サッカー選手権大会の決勝で福岡代表の東福岡が東京A代表の國學院久我山

記事を読む

青森山田2

【高校サッカー】青森山田、後半ロスタイムの悲劇 決勝進出逃す

◆第94回全国高校サッカー選手権 ▽準決勝 国学院久我山(東京A)2(1─1、1─0)1青森山田(青

記事を読む

玉野光南

海を渡った玉野光南の選手権決定ミラクル弾 欧州メディアが「年間ベストゴール」と大絶賛

高校選手権岡山県大会決勝で生まれた伝説  全国高校サッカー選手権の岡山県予選決勝戦の玉野光南対作陽

記事を読む

青森山田

青森山田、ロングスローから同点ヘッドで8強

<高校サッカー:青森山田2(5PK4)2桐光学園>◇3回戦◇3日◇ニッパ球  青森山田が得意の

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

菊池涼介

侍菊池が魅せた!忍者守備でまたも世界を魅了

 侍ジャパンの菊池涼介内野手(27=広島)が守備で魅せた。  両チーム無得点の6回1死、メジャ

記事を読む

本田圭佑

ナポリ対ミランはドローで痛み分け フル出場本田が同点弾を演出

22日に行われたセリエA第26節、ナポリ対ミランの一戦は、1-1のドローに終わった。MF本田圭佑は先

記事を読む

根尾昴

【根尾昴】最速146キロ、スキーは全中優勝!逸材右腕が大阪桐蔭進学へ

万波と同じ2000年生まれの「ミレニアム世代」は逸材が他にもめじろ押しだ。  飛騨高山ボーイズ

記事を読む

村田諒太

村田諒太が2回KO勝ち 年内世界王座挑戦へ大前進

<プロボクシング:ノンタイトル10回戦>◇30日◇中国・上海オリエンタルスポーツセンター  W

記事を読む

香川真司QBK

香川真司QBK炸裂 絶好機を逃しいら立つ

【前半43分 日本】 岡崎のポストプレーから武藤がエリア内へ抜け出す。 深くえぐってからファー

記事を読む

%e5%a4%a7%e8%b0%b7

侍ジャパン 代打・大谷が仰天“天井消え二塁打”、02年には松井が記録

◇侍ジャパン強化試合 日本―オランダ(2016年11月13日 東京D) 侍ジャパンの大谷翔平投

記事を読む

幻の本塁打

広島が延長十二回“幻の本塁打”で勝利逃す

「阪神2-2広島」(12日、甲子園球場)  延長十二回ドロー。広島は微妙な判定に泣き、勝利を逃

記事を読む

白鵬

大相撲春場所 初日 白鵬に土 波乱の幕開け「空回りした」

角界の第一人者として、これまで数々の挑戦者を完膚なきまでにはね返してきた過去を知っているからこそ、心

記事を読む

メッシpk

メッシのPKは相手への侮辱?それとも天才の技?

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(28)が、14日のセルタ戦で見せたプレーが、インタ

記事を読む

AS20180429001756_comm

【谷川翔】史上最年少19歳V

https://youtu.be/blxCdLtB3PE

記事を読む

プレミア12

【侍ジャパン】大谷、161キロ!6回零封10Kで韓国を手玉、初代王者へ白星発進!

◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 日本5―0韓国(8日・札幌ドーム)  日本と台湾で初開催

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑