五輪へ最終兵器 203センチ渡辺雄太がダンク連発

公開日: : スポーツ

 男子バスケットボールのリオ五輪最終予選へ向け、日本の最終兵器がベールを脱いだ。米国カレッジバスケットNCAA(全米大学体育協会)で活躍する渡辺雄太(21=ジョージ・ワシントン大)が8日、NTCで行われた合宿初日からダンクシュートを連発した。203センチの身長ながら、守備ではガードの田臥勇太(35=栃木)とマッチアップ。オールラウンダーの活躍が、超難関の最終予選突破のカギを握る。

 ひと回りもふた回りも大きくなって、渡辺が代表に帰ってきた。合宿初日の実戦練習でいきなり、左手でわしづかみにしたボールをリングの上からたたき込む。さらに最後のシュート練習では、片手、両手とダンクシュートを連発した。2メートルを超す日本人選手でもあまりチャレンジしないダンクを米国帰りの渡辺が、簡単に沈めていった。

 「本番でもダンクはいけると思うし、しないといけない。海外の選手とは体格が劣るからこそ、簡単にレイアップ(下からのシュート)はできない。いけるときはどんどんいきます」と、渡辺は最終予選への抱負を語った。NCAAの名門ジョージ・ワシントン大2年で、今年はチームの中心として活躍。特に守備面では相手のエースのマークを任されるなど、オールラウンドの選手に成長した。昨年は学業優先のため合宿のみ参加も、今回は長谷川健志ヘッドコーチ(HC)が大学に直談判して代表に連れてきた。

 守備練習では173センチのガード、田臥とマッチアップ。そのスピードに振り回されることなくマークしてみせた。「ボクとマッチアップできるんだから運動能力はすごい。ポジションの幅も広いし、代表にプラスになる選手が入ってくれた」と舌を巻いた。

 長谷川HCも「彼のいいところは守備ができることと、狙って1対1で打開できる。195センチ以上でそういう選手は日本にいない」と期待を寄せる。欧州の強豪相手に戦う最終予選を、チーム最年少の渡辺が引っ張る。

 ◆渡辺雄太(わたなべ・ゆうた)1994年(平6)10月13日生まれ。香川県三木町出身。小1でバスケットを始め、尽誠学園時代には11年、12年と全国高校選手権で2年連続準優勝。高校卒業後に米国に渡り、セント・トーマス・モア・スクールを経てNCAA1部ジョージ・ワシントン大入り。日本代表には高2の11年4月に高校生として初めて代表入り。13年アジア選手権に出場した。両親はともに実業団バスケットの選手。母久美さんは元日本代表。姉夕貴さんもアイシンの元選手。203センチ、89キロ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000049-nksports-spo

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

サイン盗み

サイン盗み?秀岳館 球審から注意受けた 二塁走者の手の動きが…

◇第88回選抜高校野球大会1回戦 秀岳館6―5花咲徳栄(2016年3月23日 甲子園) 秀

記事を読む

一本背負い投法

【一本背負い投法】札幌東・近藤、“一本背負い投法”のきっかけは?

◆第70回秋季北海道高校野球大会札幌地区予選 Eブロック2回戦 札幌東2-0札幌光星(6日、札幌・麻

記事を読む

%e5%86%85%e5%b7%9d

大谷 日本最速165キロ3連発!DH守護神が漫画みたいな初S

 ◇パ・リーグCSファイナルS第5戦 日本ハム7―4ソフトバンク(2016年10月16日 札幌D)

記事を読む

本田圭佑

本田圭佑「僕が勝たせたと書いて」1年4カ月ぶり弾

<セリエA:ACミラン2-1ジェノア>◇14日◇ミラノ  ACミランの日本代表FW本田圭佑(2

記事を読む

%e9%99%bd%e5%b2%b1%e9%8b%bc

陽岱鋼、涙のFA宣言「戦力構想に入ってないと感じた」

 涙の決別宣言――。日本ハムの陽岱鋼外野手(29)が7日、札幌市内の球団事務所で会見を行い、今季取得

記事を読む

ヘディング香川

香川がヘディングで5年ぶりダービー弾

 ブンデスリーガは8日、第12節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでシャルケ

記事を読む

ギャレット・ジョーンズ

【巨人】由伸監督、メジャー122発「マー君を救った男」とクルーズをW獲り

巨人が来季の新主砲候補に前ヤンキースのギャレット・ジョーンズ外野手(34)をリストアップしたことが8

記事を読む

久保建英 f

フランスを撃破したU15日本代表…久保建英のゴールが別格だった

フランスで10月31日まで行われたヴァル・ドゥ・マルヌU-16国際親善トーナメント。  この大

記事を読む

ゾウジェン

【広州恒大】ゾウジェン 鄒正 「足が曲がってはいけない方向に…」

広州恒大は、17日に行われたFIFAクラブワールドカップ準決勝でバルセロナと対戦し、0-3で敗れた。

記事を読む

秋山翔吾

西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪  西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球の

記事を読む

安藤美姫

【フィギュア】美姫、恋人フェルナンデスとサプライズ共演

13日に行われたエキシビションに、元世界女王の安藤美姫(27)がサプライズ出演した。  今

記事を読む

香川の決定的シュートミス

香川の決定的シュートミスがイングランドで話題に 英紙「爆笑もののミス」

フリー無人のゴールに決められず  日本代表MF香川真司(ドルトムント)がW杯ロシア大会アジア二次予

記事を読む

サッカー日本代表

<サッカー日本代表>6ゴールでアフガンに完勝 2位浮上

【テヘラン大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選が8日行われ、6大会連続

記事を読む

プレミア12

【侍ジャパン】大谷、161キロ!6回零封10Kで韓国を手玉、初代王者へ白星発進!

◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 日本5―0韓国(8日・札幌ドーム)  日本と台湾で初開催

記事を読む

バレンティン

甲子園上空から魚降った!バレンティン「すごいニオイ」困惑

<阪神1-5ヤクルト>◇8日◇甲子園  阪神がヤクルトと戦っている甲子園の上空から魚が落ちてき

記事を読む

女子400メートルメドレーリレー決勝

日本女子400Mメドレーリレーは失格

水泳の世界選手権最終日は9日、ロシアのカザニで行われ、競泳女子400メートルメドレーリレー決勝で日本

記事を読む

9

【驚愕】ドラフトで下位指名され大活躍した選手 5選

https://youtu.be/FYHILzwqozM

記事を読む

根尾昴

【根尾昴】最速146キロ、スキーは全中優勝!逸材右腕が大阪桐蔭進学へ

万波と同じ2000年生まれの「ミレニアム世代」は逸材が他にもめじろ押しだ。  飛騨高山ボーイズ

記事を読む

青森山田

青森山田、ロングスローから同点ヘッドで8強

<高校サッカー:青森山田2(5PK4)2桐光学園>◇3回戦◇3日◇ニッパ球  青森山田が得意の

記事を読む

稲村亜美 打たれた

“神スイング”の稲村亜美、始球式で98キロを陽岱鋼に打たれる

(パ・リーグ、西武-日本ハム、1回戦、5日、西武プリンスドーム)「文化放送DAY IN西武プリンス

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑