メッシのPKは相手への侮辱?それとも天才の技?

公開日: : スポーツ, 海外

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(28)が、14日のセルタ戦で見せたプレーが、インターネット上で議論を巻き起こしている。

 後半36分だった。3-1でリードしていたバルセロナがPKを獲得。メッシがペナルティースポットに立った。

 メッシはこのPKが決まれば、スペインリーグ通算300点に到達するところだった。

 ところが次の瞬間、だれもが驚いた。メッシはゴールへ向けてシュートを打たず、すぐ右へ緩いパスを出した。するとウルグアイ代表FWルイス・スアレス(29)が走り込み、ゴールへ蹴り込んだ。スアレスはこの試合ですでに2得点しており、メッシの「心づかい」によってハットトリックを達成した。

 ルール上は問題ないプレーだが、英テレグラフ紙(電子版)によると、インターネットを中心に「相手を小ばかにするプレーで、侮辱ではないか」と批判の声も上がっているという。

 ファンによるツイッターの書き込みには「メッシとスアレスはとても傲慢(ごうまん)で、相手への敬意を欠く」や「スアレスにハットトリックを取らせたいのであれば、最初からPKをスアレスに蹴らせればいい」などの書き込みが相次いだ。

 テレグラフ紙が行ったネット投票では「必要のないスタンドプレーだった」とする人が日本時間15日午後8時の時点で40%。「真の天才による瞬間だった」とする人が60%。「肯定派」が上回ったが、否定的な意見も多かった。

 事の是非はともかく、バルセロナの元監督で、オランダ代表の伝説的選手でもあるヨハン・クライフ氏(68)の血が、クラブに脈々と流れているのは間違いない。実はメッシが行ったのと同様のPKを、クライフ氏もアヤックス時代に決めているのだ。

 クライフ氏は13日に自身が患っている肺がんの状態について声明を発表。「今現在の気分は前半を2-0でリードし、まだ試合は終わっていない感じ。だが勝利を確信している」とした。

 メッシのPKは、がんと戦うクライフ氏へ向けた激励のメッセージではないか-。そう思うのは、筆者の考えすぎだろうか。

 引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000132-nksports-socc

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

韓国背負い

韓国背負い、中学生以下禁止 事故につながる可能性

全日本柔道連盟は14日に都内で理事会を開き、中学生以下を対象に、いわゆる「韓国背負い」を禁止とする方

記事を読む

ドリフト走行

日産のGT-R、最速ドリフト走行でギネス記録 時速304.96キロ達成

 日産自動車は、特別にチューニングした「NISSAN GT-R」2016年モデルが世界最速ドリフト走

記事を読む

ブーメラン継投

石見智翠館 甲子園を驚かせた「ブーメラン継投」

石見智翠館(島根)は、ピンチになると主将の右腕・田中将貴(3年)がマウンドに上がる「ブーメラン継投」

記事を読む

キックオフから、わずか2秒でゴール

キックオフから、わずか2秒でゴール…。ブラジルで衝撃的な記録が誕生

現地時間2月27日に開催されたブラジルのセアラー対グアラニーとの試合で、キックオフから2秒で得点が決

記事を読む

浅田真央

【フィギュア】「予想外のレベル」真央SP首位発進 本郷が2位

◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦「中国杯」(6日、北京)  女子ショートプログラム(S

記事を読む

秋山翔吾

西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪  西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球の

記事を読む

岡崎のオーバーヘッド

地元紙がレスター岡崎のオーバーヘッド弾に賛辞 「試合は忘れ去られても、記憶に残るゴール」

レスターの日本代表FW岡崎慎司は14日のニューカッスル戦で、本拠地キングパワー・スタジアムでの今季

記事を読む

村田諒太

村田諒太が2回KO勝ち 年内世界王座挑戦へ大前進

<プロボクシング:ノンタイトル10回戦>◇30日◇中国・上海オリエンタルスポーツセンター  W

記事を読む

オコエ

関東第一オコエ9回V弾

ナイジェリア人の父を持つドラフト上位候補、関東第一(東東京)オコエ瑠偉外野手(3年)が、劇的な決勝2

記事を読む

根尾昴

【根尾昴】最速146キロ、スキーは全中優勝!逸材右腕が大阪桐蔭進学へ

万波と同じ2000年生まれの「ミレニアム世代」は逸材が他にもめじろ押しだ。  飛騨高山ボーイズ

記事を読む

中国製と日本製のヘルメット

中国製と日本製のヘルメット、鉄の棒でぶっ叩いてみると・・ロシア人、実験結果に思わず笑う

あるロシア人が先ごろ公開した中国製と日本製のヘルメットの強度を比較した動画について、台湾紙・自由時報

記事を読む

U-18W杯

【U-18W杯】日本、1点及ばず初優勝逃す 米国が大会3連覇

● 日本代表 1 - 2 米国代表 ○ <U-18 W杯決勝・甲子園>  第27回U-18ワ

記事を読む

%e6%97%a5%e5%8f%b0%e6%85%88%e5%96%84%e8%a9%a6%e5%90%88

王さんの1本足華麗に復活、総立ちファン拍手

<日台慈善試合:巨人OB選抜15-11台湾OB選抜>◇20日◇台湾・台中市  世界のホームラン

記事を読む

中国土砂崩れ

【中国土砂崩れ】違法作業か 不明59人、10万平方mに泥

【上海・林哲平】中国南部・広東省深セン市北部の工業団地で20日、大規模な土砂崩れがあった。地元当局に

記事を読む

MLB大乱闘6人退場

MLB大乱闘6人退場 二塁滑り込み巡って顔面パンチ、さらに危険球も

 米大リーグ、レンジャーズ対ブルージェイズ戦で二塁へのスライディングを巡って大乱闘がぼっ発し、その直

記事を読む

稲村亜美

“神スイング”稲村亜美 元本塁打王セギノール氏に打たれた

◇パ・リーグ 日本ハム3―0西武(2016年6月28日 札幌D)  CMの「神スイング」で話題

記事を読む

本田 アシスト

本田、痛恨の決定機で凡ミスもアシストで名誉挽回! 伊メディアも高評価

【ミラン 5-0(6-0)アレッサンドリア コッパ・イタリア 準決勝】  コッパ・イタリア準決

記事を読む

高木京介 会見

巨人・高木京介が号泣会見「恐ろしい人」、賭博公表後に家族に電話も

野球賭博への関与が発覚した巨人・高木京介投手(26)が9日、東京・大手町の球団事務所で記者会見し、涙

記事を読む

米高校バスケ

米高校バスケ、女子の試合で両チーム総出の大乱闘 重処分が科される

米国のヤフースポーツは19日、女子の高校バスケットボールの試合で起こった激しい乱闘の様子を報じた。

記事を読む

岡本和真

松井氏以来の偉業!G・岡本、プロ初安打アーチ「信じられない」

(セ・リーグ、DeNA6-5巨人、21回戦、巨人11勝10敗、5日、横浜)黄金ルーキーが偉業達成だ!

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
煽り運転
【煽り運転】「あおり運転」摘発、7625件!!

全国の警察が昨年1年間に、前方を走行中の車をあおるなどしたとして、道交

ハンコ王子
【ロマトニオロ】浅田真央、「ハンコ王子」とデート報道!!

元フィギュアスケート選手の浅田真央さん(27)のデート現場が、2017

にゃんこスター
【にゃんこスター】恋人同士だった!! コンビ結成直前から交際

結成わずか5カ月ながらコント日本一を決めるTBS「キングオブコント20

出雲駅伝
東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6

久保
【U-17ワールドカップ】久保建英、中村敬斗がゴール!!

サッカーのU─17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は8日、インドの

→もっと見る

  • 1oku
  • YouTubemail
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑