メッシのPKは相手への侮辱?それとも天才の技?

公開日: : スポーツ, 海外

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(28)が、14日のセルタ戦で見せたプレーが、インターネット上で議論を巻き起こしている。

 後半36分だった。3-1でリードしていたバルセロナがPKを獲得。メッシがペナルティースポットに立った。

 メッシはこのPKが決まれば、スペインリーグ通算300点に到達するところだった。

 ところが次の瞬間、だれもが驚いた。メッシはゴールへ向けてシュートを打たず、すぐ右へ緩いパスを出した。するとウルグアイ代表FWルイス・スアレス(29)が走り込み、ゴールへ蹴り込んだ。スアレスはこの試合ですでに2得点しており、メッシの「心づかい」によってハットトリックを達成した。

 ルール上は問題ないプレーだが、英テレグラフ紙(電子版)によると、インターネットを中心に「相手を小ばかにするプレーで、侮辱ではないか」と批判の声も上がっているという。

 ファンによるツイッターの書き込みには「メッシとスアレスはとても傲慢(ごうまん)で、相手への敬意を欠く」や「スアレスにハットトリックを取らせたいのであれば、最初からPKをスアレスに蹴らせればいい」などの書き込みが相次いだ。

 テレグラフ紙が行ったネット投票では「必要のないスタンドプレーだった」とする人が日本時間15日午後8時の時点で40%。「真の天才による瞬間だった」とする人が60%。「肯定派」が上回ったが、否定的な意見も多かった。

 事の是非はともかく、バルセロナの元監督で、オランダ代表の伝説的選手でもあるヨハン・クライフ氏(68)の血が、クラブに脈々と流れているのは間違いない。実はメッシが行ったのと同様のPKを、クライフ氏もアヤックス時代に決めているのだ。

 クライフ氏は13日に自身が患っている肺がんの状態について声明を発表。「今現在の気分は前半を2-0でリードし、まだ試合は終わっていない感じ。だが勝利を確信している」とした。

 メッシのPKは、がんと戦うクライフ氏へ向けた激励のメッセージではないか-。そう思うのは、筆者の考えすぎだろうか。

 引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000132-nksports-socc

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

かしわ記念

コパノリッキー連覇!これぞ武マジック/かしわ記念

<かしわ記念>◇5日=船橋◇統一G1◇ダート1600メート◇4歳上◇出走10頭  これぞユタカ

記事を読む

井筒親方

井筒親方が休場 嘉風と激突し左足骨折加療3カ月

 審判部副部長の井筒親方(54=元関脇逆鉾)が、左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折で、手術加療、

記事を読む

バレンティン

甲子園上空から魚降った!バレンティン「すごいニオイ」困惑

<阪神1-5ヤクルト>◇8日◇甲子園  阪神がヤクルトと戦っている甲子園の上空から魚が落ちてき

記事を読む

岡崎

岡崎弾で勝利のレスター、首位守りクリスマスへ

15-16イングランド・プレミアリーグは19日、第17節の試合が行われ、レスター・シティ(Leice

記事を読む

メジャーエンブレム

メジャーエンブレム5馬身差圧勝/クイーンC

<クイーンC>◇13日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走16頭  クリストフ・ルメ

記事を読む

久保建英 プレミア

【久保建英】14歳久保が圧巻のプレミアデビュー、1ゴール1アシストでFC東京U-18に大勝呼び込む

 いきなり、魅せた。後半に途中出場で高校年代最高峰の舞台に「飛び級」デビューを果たした中学3年生の久

記事を読む

稲村亜美 打たれた

“神スイング”の稲村亜美、始球式で98キロを陽岱鋼に打たれる

(パ・リーグ、西武-日本ハム、1回戦、5日、西武プリンスドーム)「文化放送DAY IN西武プリンス

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

安美錦

安美錦、アキレス腱断裂!「ボンっと音が」力士生命の危機

◆大相撲夏場所2日目 ○栃ノ心(つきひざ)安美錦●(9日・両国国技館)  現役関取最年長で西前

記事を読む

松元絵里花

松元絵里花、ピンクの大胆ビキニ姿で始球式!

 2016年三愛水着楽園のイメージガールを務めるモデル、松元絵里花(20)が2日、東京ドームで行われ

記事を読む

4歳児にトラックをリモコン操作させて頑丈さをアピール

ボルボ、4歳児にトラックをリモコン操作させて頑丈さをアピール

ボルボのトラックの頑丈さをユニークな方法でアピールする動画がYouTubeに投稿され、話題になってい

記事を読む

根尾昴

【根尾昴】最速146キロ、スキーは全中優勝!逸材右腕が大阪桐蔭進学へ

万波と同じ2000年生まれの「ミレニアム世代」は逸材が他にもめじろ押しだ。  飛騨高山ボーイズ

記事を読む

フラミンゴ投法

鶴岡東・福谷「フラミンゴ投法」で143球完投!

143球目は、低めへのスライダーだった。鶴岡東のエース左腕・福谷が最後の打者を三ゴロに仕留め、息をつ

記事を読む

山中慎介

山中慎介 激闘制しV10!地元に感謝「気持ちが折れずに戦えた」

◆報知新聞社後援「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム(53・5キロ以下)タイトルマッ

記事を読む

オコエ瑠偉

関東第一・オコエ劇場!100年で2人目の1イニング2三塁打

第97回全国高校野球選手権大会第6日第2試合(11日、関東第一12-10高岡商、甲子園)“オコエ劇場

記事を読む

サッカー日本代表

<サッカー日本代表>6ゴールでアフガンに完勝 2位浮上

【テヘラン大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選が8日行われ、6大会連続

記事を読む

マルコスマテオ

虎、新守護神・マテオ獲得!呉昇桓の交渉打ち切りから3日で大筋合意

阪神が来季の新守護神候補としてリストアップしていた米大リーグ、パドレスのマルコス・マテオ投手(31)

記事を読む

岡崎のオーバーヘッド

地元紙がレスター岡崎のオーバーヘッド弾に賛辞 「試合は忘れ去られても、記憶に残るゴール」

レスターの日本代表FW岡崎慎司は14日のニューカッスル戦で、本拠地キングパワー・スタジアムでの今季

記事を読む

琴勇輝

白鵬、駄目押しなら出場停止も…琴勇輝「ホウ!」にも注意

 日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)、藤島副部長(元大関武双山)、友綱副部長(元関脇魁輝

記事を読む

ブーメラン継投

石見智翠館 甲子園を驚かせた「ブーメラン継投」

石見智翠館(島根)は、ピンチになると主将の右腕・田中将貴(3年)がマウンドに上がる「ブーメラン継投」

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • ss_shikujiri_s
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑