メジャーエンブレム5馬身差圧勝/クイーンC

公開日: : スポーツ

<クイーンC>◇13日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走16頭

 クリストフ・ルメール騎手(36)が騎乗した1番人気メジャーエンブレム(田村)が2歳女王の貫禄を見せつけた。好スタートからの逃げ切り、5馬身差の圧勝だった。勝ちタイムはレースレコードを1秒5も更新する1分32秒5。桜花賞(G1、芝1600メートル、4月10日)はもちろん、12年ジェンティルドンナ以来5頭目となる牝馬3冠も見えてきた。

 完璧だった。メジャーエンブレムが阪神JF同様の好ダッシュで、体1つ前に出た。「すぐにリラックスしてハナに立てた」とルメール騎手。直線入り口。鞍上のゴーサインに満を持して瞬時に反応、グングン加速していくと、後続はなすすべがない。ゴール150メートル手前で気合付けのムチが1発入っただけ。鞍上がチラリと後ろを振り返り、余裕満点のフィニッシュだった。それでいて昨年のレースレコードを1秒5も上回っている。「強かった。とても乗りやすかった。桜花賞も大丈夫。多分2000も、2400もいけます」。2つの数字が示すのはもちろんオークス、そして秋華賞。鞍上は顔色一つ変えずに牝馬3冠制覇を見据えた。それだけの内容、結果だ。

 携わる者すら、驚きを隠せない。田村師は「すごいね…。サラッと仕上げても、前走より出来が良かったんだから」とため息をもらした。優れた集中力が、順調すぎる成長を可能にする。「それも、騎乗者の手の内に入ったなかでの集中力。自分が何をするべきか分かっているのに、指示があって初めてパンと動く」。唯一の黒星は3カ月半前のアルテミスS。同じ東京マイルで披露した大人の走りは、ただただすごかった。

 100点満点の「試走」を終えた。放牧をはさんで、これまで同様2カ月前後の間隔で桜花賞へと向かう。田村師の願いはただ1つ。「これ以上何を望めばいいのでしょうか。とにかく、無事に」。本番も結果は見えている-。そう思わせるほどのすごみが、今のエンブレムにはある。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000035-nksports-horse

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

ホールインワン

【超レア】マスターズ初の偉業 16Hで1日3人がホールインワン達成

 80年のマスターズの歴史で初の偉業だ。  16番パー3(170ヤード)でエースが1日に3人も

記事を読む

安美錦

安美錦、アキレス腱断裂!「ボンっと音が」力士生命の危機

◆大相撲夏場所2日目 ○栃ノ心(つきひざ)安美錦●(9日・両国国技館)  現役関取最年長で西前

記事を読む

バトン落下

米代表、バトン落下で異例のタイムトライアルへ 女子400mリレー

リオデジャネイロ五輪で18日に行われた陸上女子4×100メートルリレーの予選で、ブラジル代表選手との

記事を読む

本田圭佑

ナポリ対ミランはドローで痛み分け フル出場本田が同点弾を演出

22日に行われたセリエA第26節、ナポリ対ミランの一戦は、1-1のドローに終わった。MF本田圭佑は先

記事を読む

稲村亜美 自己最速

神スイング・稲村亜美 始球式でついに100キロ超え!自己最速103キロ

 ウェブCMで披露した「神スイング」で人気のタレント・稲村亜美(20)が24日、ロッテ―オリックス戦

記事を読む

プレミア12 韓国

韓国に痛恨逆転負け 9回の継投悔やむ小久保監督、松井投入は「酷だった」

好調の則本も9回続投でつかまり「自分が甘かった」  侍ジャパン日本代表は19日、東京ドームで行われ

記事を読む

村田諒太

村田諒太が世界へ加速 プロ10戦目4回TKO勝利

<プロボクシング:WBCノンタイトル10回戦>◇14日◇中国・香港  【香港=奥山将志】WBC

記事を読む

金崎夢生が日本代表初ゴール

金崎夢生が日本代表初ゴール!日本、シンガポールに3-0完勝 再びE組首位に

「W杯アジア2次予選、シンガポール0-3日本」(12日、シンガポール)  日本が完全に試合を支

記事を読む

安藤美姫

【フィギュア】美姫、恋人フェルナンデスとサプライズ共演

13日に行われたエキシビションに、元世界女王の安藤美姫(27)がサプライズ出演した。  今

記事を読む

一本背負い投法

【一本背負い投法】札幌東・近藤、“一本背負い投法”のきっかけは?

◆第70回秋季北海道高校野球大会札幌地区予選 Eブロック2回戦 札幌東2-0札幌光星(6日、札幌・麻

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

清宮

清宮2試合連発 1年で大会2本塁打、桑田以来32年ぶり

「高校野球・準々決勝、早実8-1九州国際大付」(17日、甲子園)  早実(西東京)の注目のスラ

記事を読む

香川真司

香川で2点ドルト先勝 シンジコール「うれしい」

<欧州L:ドルトムント2-0ポルト>◇決勝トーナメント1回戦◇18日◇ドルトムント  決勝

記事を読む

ビシエド

中日ビシエド「人生初」1イニング2発は19人目

<巨人1-8中日>◇7日◇東京ドーム  「人生初」の1イニング2発だ。中日の主砲ダヤン・ビシエ

記事を読む

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e7%bf%94%e5%b9%b3

日本ハム、4年ぶりパ制覇 大谷が15奪三振の快投

プロ野球パ・リーグの日本ハムは28日、西武プリンスドームで行われた西武戦に1-0で勝って4年ぶり7度

記事を読む

秋山翔吾

西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪  西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球の

記事を読む

岡本和真

松井氏以来の偉業!G・岡本、プロ初安打アーチ「信じられない」

(セ・リーグ、DeNA6-5巨人、21回戦、巨人11勝10敗、5日、横浜)黄金ルーキーが偉業達成だ!

記事を読む

ゾウジェン

【広州恒大】ゾウジェン 鄒正 「足が曲がってはいけない方向に…」

広州恒大は、17日に行われたFIFAクラブワールドカップ準決勝でバルセロナと対戦し、0-3で敗れた。

記事を読む

玉野光南

海を渡った玉野光南の選手権決定ミラクル弾 欧州メディアが「年間ベストゴール」と大絶賛

高校選手権岡山県大会決勝で生まれた伝説  全国高校サッカー選手権の岡山県予選決勝戦の玉野光南対作陽

記事を読む

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba

【日本シリーズ】日本ハム10年ぶり3度目日本一 レアード満塁弾など8回一挙6点

 日本シリーズ第6戦は29日、マツダスタジアムで行われ、日本ハムが10―4と大勝し、10年ぶり3度目

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑