東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

公開日: : スポーツ

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6区間45・1キロ)

東海大が青山学院大の1強時代に終止符を打った。6区間中5区間に「黄金世代」と評判の2年生を配し、10年ぶり4度目の優勝を果たした。6区間45・1キロを2時間11分59秒で走破した。

 1区(8・0キロ)の阪口竜平(2年)が残り2キロを切ったところでロングスパート。持ち前のスピードを生かして23分16秒で舘澤亨次(2年)へ、トップでリレーした。神奈川大が2秒差で追いすがり、3連覇を狙う青山学院は梶谷瑠哉(3年)がトップから38秒差の8位と出遅れた。

 東海大は2区(5・8キロ)でも盤石だった。舘澤が安定した走りで2位の神奈川大とのリードを17秒差に広げ、3区の松尾淳之介(2年)につないだ。青山学院大は田村和希(4年)が追い上げ、5人抜きの3位と順位を一気に上げた。田村は15分47秒の区間新記録の快走で、首位・東海大に18秒差と、この区間で20秒も縮めた。

 エース区間の3区(8・5キロ)では東洋大が浮上した。5位で受けた山本修二(3年)がスピードに乗った走りでグイグイと前を追い、ついに7・9キロで東海大は首位を奪われた。青山学院大のエース下田裕太(4年)もこれに追走し、ラストスパートで山本を逆転。大混戦の展開の中、青山学院大がトップでタスキを渡した。3秒差の2位に東洋大、5秒差の3位で東海大が続いた。

 4区(6・2キロ)では再び東海大が先頭に立った。4キロすぎ、鬼塚翔太(2年)が並走する青山学院大・小野田勇次(3年)を振り切る。その勢いのまま14秒差をつけてリレー。3位の東洋大とは30秒差まで広げる。鬼塚は区間賞だった。

 5区(6・4キロ)でも、東海大の勢いは止まらない。三上嵩斗(3年)がしっかりした足取りで、危なげない走りを披露。2位の青山学院大・神林勇太(1年)との差をさらに広げ、37秒差という“大差”で最終区間へ勝負を持ち込んだ。三上も区間賞だった。

 最長区間の最終6区(10・2キロ)では、東海大・関颯人(2年)が持ち前の力強い走り。5000メートルを13分35秒81で走るスピードを存分に見せつけ、必至に追いすがる青山学院大・橋詰大慧(3年)に付け入る隙を与えない。10月とは思えない強い日差しの中、最後までペースを落とさず、圧倒的な強さでゴールに飛び込んだ。

 昨年3冠の青山学院大は、東海大に1分33秒差の2時間13分32秒のフィニッシュ。今季「陸王大作戦」を掲げてシーズン初戦に向かったが、3年連続4度目の優勝はならなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023938-nksports-spo

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

根尾昴

【根尾昴】最速146キロ、スキーは全中優勝!逸材右腕が大阪桐蔭進学へ

万波と同じ2000年生まれの「ミレニアム世代」は逸材が他にもめじろ押しだ。  飛騨高山ボーイズ

記事を読む

マルコスマテオ

虎、新守護神・マテオ獲得!呉昇桓の交渉打ち切りから3日で大筋合意

阪神が来季の新守護神候補としてリストアップしていた米大リーグ、パドレスのマルコス・マテオ投手(31)

記事を読む

岡崎のオーバーヘッド

地元紙がレスター岡崎のオーバーヘッド弾に賛辞 「試合は忘れ去られても、記憶に残るゴール」

レスターの日本代表FW岡崎慎司は14日のニューカッスル戦で、本拠地キングパワー・スタジアムでの今季

記事を読む

久保建英 f

フランスを撃破したU15日本代表…久保建英のゴールが別格だった

フランスで10月31日まで行われたヴァル・ドゥ・マルヌU-16国際親善トーナメント。  この大

記事を読む

メジャーエンブレム

メジャーエンブレム5馬身差圧勝/クイーンC

<クイーンC>◇13日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走16頭  クリストフ・ルメ

記事を読む

一本背負い投法

【一本背負い投法】札幌東・近藤、“一本背負い投法”のきっかけは?

◆第70回秋季北海道高校野球大会札幌地区予選 Eブロック2回戦 札幌東2-0札幌光星(6日、札幌・麻

記事を読む

杉谷拳士

【日本ハム】杉谷、3日連続でウグイス嬢の“口撃”

日本ハムの杉谷拳士内野手(24)が13日、敵地・西武プリンスドームで3日連続で“口撃”を受けた。

記事を読む

福岡市の小学生ミニバス大会決勝

福岡市の小学生ミニバス大会決勝で奇跡のスーパープレイ ラスト2秒はまばたきダメ、絶対!

小学生のミニバスケットボールの試合で起こった、ほとんどマンガのようなスーパープレイが話題になっていま

記事を読む

安藤美姫

【フィギュア】美姫、恋人フェルナンデスとサプライズ共演

13日に行われたエキシビションに、元世界女王の安藤美姫(27)がサプライズ出演した。  今

記事を読む

大谷、4番投手

【大谷翔平】4番投手で「2桁三振&完封」は78年ぶり!!

5年目で初めての「4番投手」で臨んだ日本ラスト登板を、日本ハム大谷翔平投手(23)はひとりで投げ抜い

記事を読む

浦和1-1浦項

【浦和1-1浦項】浦和レッズ“笑顔の守護神”西川も激怒!韓国選手がテーピング投げ捨て「非常に残念」

 浦和レッズは3日、ACL第6節で韓国の浦項スティーラーズと対戦し、ホームで1-1の引き分けとなった

記事を読む

金崎夢生が日本代表初ゴール

金崎夢生が日本代表初ゴール!日本、シンガポールに3-0完勝 再びE組首位に

「W杯アジア2次予選、シンガポール0-3日本」(12日、シンガポール)  日本が完全に試合を支

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

山中慎介

山中慎介 激闘制しV10!地元に感謝「気持ちが折れずに戦えた」

◆報知新聞社後援「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム(53・5キロ以下)タイトルマッ

記事を読む

乾貴士 エイバル

乾、技ありボレーで大勝呼び込む 移籍後初ゴールから2戦連発/リーガ

リーガ・エスパニョーラは現地時間18日に第20節の残り1試合が行なわれ、乾貴士所属の6位エイバルがホ

記事を読む

サッカー日本代表

<サッカー日本代表>6ゴールでアフガンに完勝 2位浮上

【テヘラン大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選が8日行われ、6大会連続

記事を読む

女子400メートルメドレーリレー決勝

日本女子400Mメドレーリレーは失格

水泳の世界選手権最終日は9日、ロシアのカザニで行われ、競泳女子400メートルメドレーリレー決勝で日本

記事を読む

平田良介

【平田良介】起死回生のトリックプレーに「してやったりでしたね」

 中日・平田良介外野手(28)が起死回生のトリックプレーでチームの危機を救った。同点に追いつかれた直

記事を読む

バレンティン

甲子園上空から魚降った!バレンティン「すごいニオイ」困惑

<阪神1-5ヤクルト>◇8日◇甲子園  阪神がヤクルトと戦っている甲子園の上空から魚が落ちてき

記事を読む

スーパーミドル弾のバーディ

キャリア最高のゴールも…スーパーミドル弾のバーディ「ただのゴールだよ」

 2日に行われたプレミアリーグ第24節でリバプールと対戦したFW岡崎慎司の所属するレスター・

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑