東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

公開日: : スポーツ

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6区間45・1キロ)

東海大が青山学院大の1強時代に終止符を打った。6区間中5区間に「黄金世代」と評判の2年生を配し、10年ぶり4度目の優勝を果たした。6区間45・1キロを2時間11分59秒で走破した。

 1区(8・0キロ)の阪口竜平(2年)が残り2キロを切ったところでロングスパート。持ち前のスピードを生かして23分16秒で舘澤亨次(2年)へ、トップでリレーした。神奈川大が2秒差で追いすがり、3連覇を狙う青山学院は梶谷瑠哉(3年)がトップから38秒差の8位と出遅れた。

 東海大は2区(5・8キロ)でも盤石だった。舘澤が安定した走りで2位の神奈川大とのリードを17秒差に広げ、3区の松尾淳之介(2年)につないだ。青山学院大は田村和希(4年)が追い上げ、5人抜きの3位と順位を一気に上げた。田村は15分47秒の区間新記録の快走で、首位・東海大に18秒差と、この区間で20秒も縮めた。

 エース区間の3区(8・5キロ)では東洋大が浮上した。5位で受けた山本修二(3年)がスピードに乗った走りでグイグイと前を追い、ついに7・9キロで東海大は首位を奪われた。青山学院大のエース下田裕太(4年)もこれに追走し、ラストスパートで山本を逆転。大混戦の展開の中、青山学院大がトップでタスキを渡した。3秒差の2位に東洋大、5秒差の3位で東海大が続いた。

 4区(6・2キロ)では再び東海大が先頭に立った。4キロすぎ、鬼塚翔太(2年)が並走する青山学院大・小野田勇次(3年)を振り切る。その勢いのまま14秒差をつけてリレー。3位の東洋大とは30秒差まで広げる。鬼塚は区間賞だった。

 5区(6・4キロ)でも、東海大の勢いは止まらない。三上嵩斗(3年)がしっかりした足取りで、危なげない走りを披露。2位の青山学院大・神林勇太(1年)との差をさらに広げ、37秒差という“大差”で最終区間へ勝負を持ち込んだ。三上も区間賞だった。

 最長区間の最終6区(10・2キロ)では、東海大・関颯人(2年)が持ち前の力強い走り。5000メートルを13分35秒81で走るスピードを存分に見せつけ、必至に追いすがる青山学院大・橋詰大慧(3年)に付け入る隙を与えない。10月とは思えない強い日差しの中、最後までペースを落とさず、圧倒的な強さでゴールに飛び込んだ。

 昨年3冠の青山学院大は、東海大に1分33秒差の2時間13分32秒のフィニッシュ。今季「陸王大作戦」を掲げてシーズン初戦に向かったが、3年連続4度目の優勝はならなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023938-nksports-spo

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

トリックFK

英紙、東福岡のトリックFKを“狂気の踊る壁”と絶賛「敬意を表す」

11日に行われた第94回全国高校サッカー選手権大会の決勝で福岡代表の東福岡が東京A代表の國學院久我山

記事を読む

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e7%bf%94%e5%b9%b3

日本ハム、4年ぶりパ制覇 大谷が15奪三振の快投

プロ野球パ・リーグの日本ハムは28日、西武プリンスドームで行われた西武戦に1-0で勝って4年ぶり7度

記事を読む

安美錦

安美錦、アキレス腱断裂!「ボンっと音が」力士生命の危機

◆大相撲夏場所2日目 ○栃ノ心(つきひざ)安美錦●(9日・両国国技館)  現役関取最年長で西前

記事を読む

乱闘

2度の乱闘騒ぎ、投手も大乱調…ヤクルト 今季初5連敗

◇交流戦 ヤクルト9―14オリックス(2016年6月5日 神宮)  ヤクルトは今季初の5連敗で

記事を読む

松元絵里花

松元絵里花、ピンクの大胆ビキニ姿で始球式!

 2016年三愛水着楽園のイメージガールを務めるモデル、松元絵里花(20)が2日、東京ドームで行われ

記事を読む

ヘディング香川

香川がヘディングで5年ぶりダービー弾

 ブンデスリーガは8日、第12節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでシャルケ

記事を読む

%e5%ba%83%e5%b3%b6%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97

<CS速報>広島が乱打戦を制し25年ぶりの日本S進出決定!

 セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦が15日、マツダスタジアムで行われ広島

記事を読む

米高校バスケ

米高校バスケ、女子の試合で両チーム総出の大乱闘 重処分が科される

米国のヤフースポーツは19日、女子の高校バスケットボールの試合で起こった激しい乱闘の様子を報じた。

記事を読む

中島翔哉

【中島翔哉】日本対イラン 鮮烈ミドル弾…日本リオ五輪王手

◇U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン(2016年1月22日 カタール・ドーハ)

記事を読む

本田圭佑

ナポリ対ミランはドローで痛み分け フル出場本田が同点弾を演出

22日に行われたセリエA第26節、ナポリ対ミランの一戦は、1-1のドローに終わった。MF本田圭佑は先

記事を読む

渋谷莉孔

【格闘技】“リアル刃牙”渋谷、失明を告白…引退へ

シンガポールの格闘技団体「ONE」で活躍している“リアル刃牙”こと渋谷莉孔(りく、30)が、失明して

記事を読む

山中慎介

山中慎介 激闘制しV10!地元に感謝「気持ちが折れずに戦えた」

◆報知新聞社後援「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム(53・5キロ以下)タイトルマッ

記事を読む

カオスの15秒間

あわやオウンゴールからの劇的弾が話題に

海外メディアも仰天! CS準決勝、G大阪の2点目は「カオスの15秒間」「クレイジーな展開」 2

記事を読む

稲村亜美 自己最速

神スイング・稲村亜美 始球式でついに100キロ超え!自己最速103キロ

 ウェブCMで披露した「神スイング」で人気のタレント・稲村亜美(20)が24日、ロッテ―オリックス戦

記事を読む

警告試合

【警告試合】巨人-中日戦が乱闘寸前の騒ぎで警告試合に ポレダの死球にルナが睨む

巨人・ポレダが荒れ球に苦しみながら後半戦初勝利となる7勝目を挙げた。5回115球を投げ5安打2失点(

記事を読む

香川真司

香川で2点ドルト先勝 シンジコール「うれしい」

<欧州L:ドルトムント2-0ポルト>◇決勝トーナメント1回戦◇18日◇ドルトムント  決勝

記事を読む

宇良

【宇良】業師の宇良「とったり」で逆転勝ち!!

大相撲秋場所初日の10日、宇良が業師らしく「とったり」で逆転勝ち。正代の出足に土俵際まで下がったが、

記事を読む

%e5%86%85%e5%b7%9d

大谷 日本最速165キロ3連発!DH守護神が漫画みたいな初S

 ◇パ・リーグCSファイナルS第5戦 日本ハム7―4ソフトバンク(2016年10月16日 札幌D)

記事を読む

50メートル弾

中京大中京・辻スーパーFK最長タイ50メートル弾

<高校サッカー:中京大中京3-0札幌大谷>◇2回戦◇2日◇NACK  驚異的な大会史上最長タイ

記事を読む

羽生結弦

【グランプリファイナル2015】羽生結弦、自身の世界記録更新!史上初の3連覇を達成

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは12日、スペイン・バルセロナで行われ、10日のショ

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
煽り運転
【煽り運転】「あおり運転」摘発、7625件!!

全国の警察が昨年1年間に、前方を走行中の車をあおるなどしたとして、道交

ハンコ王子
【ロマトニオロ】浅田真央、「ハンコ王子」とデート報道!!

元フィギュアスケート選手の浅田真央さん(27)のデート現場が、2017

にゃんこスター
【にゃんこスター】恋人同士だった!! コンビ結成直前から交際

結成わずか5カ月ながらコント日本一を決めるTBS「キングオブコント20

出雲駅伝
東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6

久保
【U-17ワールドカップ】久保建英、中村敬斗がゴール!!

サッカーのU─17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は8日、インドの

→もっと見る

  • 1oku
  • YouTubemail
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑