東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

公開日: : スポーツ

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6区間45・1キロ)

東海大が青山学院大の1強時代に終止符を打った。6区間中5区間に「黄金世代」と評判の2年生を配し、10年ぶり4度目の優勝を果たした。6区間45・1キロを2時間11分59秒で走破した。

 1区(8・0キロ)の阪口竜平(2年)が残り2キロを切ったところでロングスパート。持ち前のスピードを生かして23分16秒で舘澤亨次(2年)へ、トップでリレーした。神奈川大が2秒差で追いすがり、3連覇を狙う青山学院は梶谷瑠哉(3年)がトップから38秒差の8位と出遅れた。

 東海大は2区(5・8キロ)でも盤石だった。舘澤が安定した走りで2位の神奈川大とのリードを17秒差に広げ、3区の松尾淳之介(2年)につないだ。青山学院大は田村和希(4年)が追い上げ、5人抜きの3位と順位を一気に上げた。田村は15分47秒の区間新記録の快走で、首位・東海大に18秒差と、この区間で20秒も縮めた。

 エース区間の3区(8・5キロ)では東洋大が浮上した。5位で受けた山本修二(3年)がスピードに乗った走りでグイグイと前を追い、ついに7・9キロで東海大は首位を奪われた。青山学院大のエース下田裕太(4年)もこれに追走し、ラストスパートで山本を逆転。大混戦の展開の中、青山学院大がトップでタスキを渡した。3秒差の2位に東洋大、5秒差の3位で東海大が続いた。

 4区(6・2キロ)では再び東海大が先頭に立った。4キロすぎ、鬼塚翔太(2年)が並走する青山学院大・小野田勇次(3年)を振り切る。その勢いのまま14秒差をつけてリレー。3位の東洋大とは30秒差まで広げる。鬼塚は区間賞だった。

 5区(6・4キロ)でも、東海大の勢いは止まらない。三上嵩斗(3年)がしっかりした足取りで、危なげない走りを披露。2位の青山学院大・神林勇太(1年)との差をさらに広げ、37秒差という“大差”で最終区間へ勝負を持ち込んだ。三上も区間賞だった。

 最長区間の最終6区(10・2キロ)では、東海大・関颯人(2年)が持ち前の力強い走り。5000メートルを13分35秒81で走るスピードを存分に見せつけ、必至に追いすがる青山学院大・橋詰大慧(3年)に付け入る隙を与えない。10月とは思えない強い日差しの中、最後までペースを落とさず、圧倒的な強さでゴールに飛び込んだ。

 昨年3冠の青山学院大は、東海大に1分33秒差の2時間13分32秒のフィニッシュ。今季「陸王大作戦」を掲げてシーズン初戦に向かったが、3年連続4度目の優勝はならなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023938-nksports-spo

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

ギャレット・ジョーンズ

【巨人】由伸監督、メジャー122発「マー君を救った男」とクルーズをW獲り

巨人が来季の新主砲候補に前ヤンキースのギャレット・ジョーンズ外野手(34)をリストアップしたことが8

記事を読む

金崎夢生が日本代表初ゴール

金崎夢生が日本代表初ゴール!日本、シンガポールに3-0完勝 再びE組首位に

「W杯アジア2次予選、シンガポール0-3日本」(12日、シンガポール)  日本が完全に試合を支

記事を読む

秋山翔吾

西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪  西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球の

記事を読む

玉野光南

海を渡った玉野光南の選手権決定ミラクル弾 欧州メディアが「年間ベストゴール」と大絶賛

高校選手権岡山県大会決勝で生まれた伝説  全国高校サッカー選手権の岡山県予選決勝戦の玉野光南対作陽

記事を読む

MLB大乱闘6人退場

MLB大乱闘6人退場 二塁滑り込み巡って顔面パンチ、さらに危険球も

 米大リーグ、レンジャーズ対ブルージェイズ戦で二塁へのスライディングを巡って大乱闘がぼっ発し、その直

記事を読む

football-wags-696x522

【サッカー】美人すぎる彼女(妻)10選

https://youtu.be/1iGYWQZQVrs

記事を読む

フラミンゴ投法

鶴岡東・福谷「フラミンゴ投法」で143球完投!

143球目は、低めへのスライダーだった。鶴岡東のエース左腕・福谷が最後の打者を三ゴロに仕留め、息をつ

記事を読む

カオスの15秒間

あわやオウンゴールからの劇的弾が話題に

海外メディアも仰天! CS準決勝、G大阪の2点目は「カオスの15秒間」「クレイジーな展開」 2

記事を読む

U-18W杯

【U-18W杯】日本、1点及ばず初優勝逃す 米国が大会3連覇

● 日本代表 1 - 2 米国代表 ○ <U-18 W杯決勝・甲子園>  第27回U-18ワ

記事を読む

大谷、4番投手

【大谷翔平】4番投手で「2桁三振&完封」は78年ぶり!!

5年目で初めての「4番投手」で臨んだ日本ラスト登板を、日本ハム大谷翔平投手(23)はひとりで投げ抜い

記事を読む

50メートル弾

中京大中京・辻スーパーFK最長タイ50メートル弾

<高校サッカー:中京大中京3-0札幌大谷>◇2回戦◇2日◇NACK  驚異的な大会史上最長タイ

記事を読む

バトン落下

米代表、バトン落下で異例のタイムトライアルへ 女子400mリレー

リオデジャネイロ五輪で18日に行われた陸上女子4×100メートルリレーの予選で、ブラジル代表選手との

記事を読む

サッカー日本代表

<サッカー日本代表>6ゴールでアフガンに完勝 2位浮上

【テヘラン大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選が8日行われ、6大会連続

記事を読む

本田圭佑

ナポリ対ミランはドローで痛み分け フル出場本田が同点弾を演出

22日に行われたセリエA第26節、ナポリ対ミランの一戦は、1-1のドローに終わった。MF本田圭佑は先

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

メッシpk

メッシのPKは相手への侮辱?それとも天才の技?

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(28)が、14日のセルタ戦で見せたプレーが、インタ

記事を読む

井筒親方

井筒親方が休場 嘉風と激突し左足骨折加療3カ月

 審判部副部長の井筒親方(54=元関脇逆鉾)が、左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折で、手術加療、

記事を読む

%e5%ba%83%e5%b3%b6%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97

<CS速報>広島が乱打戦を制し25年ぶりの日本S進出決定!

 セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦が15日、マツダスタジアムで行われ広島

記事を読む

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba

日本シリーズ、誤実況連発のTBSアナに総ツッコミ 追加点の一発を「同点HR」

 「日本シリーズ・第1戦、広島-日本ハム」(22日、マツダスタジアム)  実況のTBSアナウン

記事を読む

ヘディング香川

香川がヘディングで5年ぶりダービー弾

 ブンデスリーガは8日、第12節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでシャルケ

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑