【2段モーション】専大松戸・原のフォームを審判が指摘

「全国高校野球・1回戦、花巻東4-2専大松戸」(7日、甲子園)

 ドラフト候補対決は予想外の結末に終わった。花巻東・高橋、専大松戸・原がマウンドに上がった大会2日目の第1試合。ハイレベルな投げ合いが期待されたが、原は制球が定まらず五回途中4失点でマウンドを降りた。その原因と思われるシーンが初回にあった。

 一回裏、先頭打者を遊ゴロに打ち取った直後、審判がマウンドに駆け寄って何かを伝えた。3者凡退で立ち上がった直後にもベンチ前で球審から指摘を受けた。問題となったのは2段モーション。高く上げた左足を降ろしていく段階でいったん、動きが制止するように見えなくもない。

 投球する際には一連の動作が求められているが、かなり微妙なライン。実際に千葉大会では一度も指摘されたことはなかったという。それが甲子園の初戦で「5~6回は言われました」と問題を露呈。原は必死にフォームの修正に努めたが、二回には3四死球で満塁のピンチを招き、9番・高橋に初球のカウント球を狙われた中前2点打で先行を許した。

 千葉大会4試合で与四死球は7個。それが五回途中で降板するまでに5四死球を与えてしまった。ただ本人は「それは言い訳になってしまうので。監督から指摘されるかもしれないと言われ、違った投球術をできるように準備した」と一切、言い訳をしなかった。持丸監督も「大会前から注意されるかもしれないからと言い聞かせていた。それで(指摘されて)コントロールを乱すのはダメ。自己責任でやるしかない」と強調した。

 だが地方大会では一度も指摘されることなく、勝ち抜いてきた投球フォームが突然、甲子園の初戦でダメと言われる現実-。緊張も重なる中、少なからず悪影響を及ぼしたことは結果とボールが示していた。

 高校野球は教育の現場と言われる。選手がルールを順守する中でプレーすることは至極当然なことだ。その一方、裁く側もある程度の“統一見解”を持つべきだったのではないだろうか-。

 審判を務める人によって見解が異なる現実は、選手のためになるとは思えない。2年半、懸命に頑張って、みんなでつかんだ甲子園の切符。納得した形で高校野球生活を終わってほしいと願うのは、筆者だけではないはずだ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150807-00000044-dal-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

山中慎介

山中慎介 激闘制しV10!地元に感謝「気持ちが折れずに戦えた」

◆報知新聞社後援「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム(53・5キロ以下)タイトルマッ

記事を読む

イチロー

イチロー、42歳で3試合10安打は122年ぶりの快挙!メジャー3000安打へあと「40」

 マーリンズのイチロー外野手(42)が23日(日本時間24日)、本拠のレイズ戦で2試合ぶりの1試合4

記事を読む

松坂大輔

ソフトバンク松坂スライダーエグいッ!城所「真横に曲がってヤバかった」

「ソフトバンク春季キャンプ」(16日、宮崎)  右肩手術からの復活を目指すソフトバンク・松坂大

記事を読む

ビシエド

中日ビシエド「人生初」1イニング2発は19人目

<巨人1-8中日>◇7日◇東京ドーム  「人生初」の1イニング2発だ。中日の主砲ダヤン・ビシエ

記事を読む

佐々木翔

【佐々木翔】横山知伸のスライディングを受け、右膝前十字靱帯断裂

 サンフレッチェ広島は22日、DF佐々木翔が右膝前十字靱帯断裂と診断されたことを発表した。全治につい

記事を読む

本田 アシスト

本田、痛恨の決定機で凡ミスもアシストで名誉挽回! 伊メディアも高評価

【ミラン 5-0(6-0)アレッサンドリア コッパ・イタリア 準決勝】  コッパ・イタリア準決

記事を読む

玉野光南

海を渡った玉野光南の選手権決定ミラクル弾 欧州メディアが「年間ベストゴール」と大絶賛

高校選手権岡山県大会決勝で生まれた伝説  全国高校サッカー選手権の岡山県予選決勝戦の玉野光南対作陽

記事を読む

アロンソ

マクラーレン・ホンダのアロンソが大クラッシュ、オーストラリアGP

 16F1開幕戦、オーストラリアGP(Australian Grand Prix 2016)は20日

記事を読む

柿谷

【C大阪】柿谷“ひらめき”芸術的ヒール弾で開幕3連勝

◆J2第3節 C大阪1―0群馬(12日・キンチョウスタジアム)  帰ってきた背番号8の“ひらめ

記事を読む

%e5%ba%83%e5%b3%b6%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97

<CS速報>広島が乱打戦を制し25年ぶりの日本S進出決定!

 セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第4戦が15日、マツダスタジアムで行われ広島

記事を読む

岡本和真

松井氏以来の偉業!G・岡本、プロ初安打アーチ「信じられない」

(セ・リーグ、DeNA6-5巨人、21回戦、巨人11勝10敗、5日、横浜)黄金ルーキーが偉業達成だ!

記事を読む

韓国背負い

韓国背負い、中学生以下禁止 事故につながる可能性

全日本柔道連盟は14日に都内で理事会を開き、中学生以下を対象に、いわゆる「韓国背負い」を禁止とする方

記事を読む

侍ジャパン

【侍ジャパン】中村晃サヨナラ打!5戦全勝で決勝T進出

◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 日本6x―5ベネズエラ(15日、台湾・桃園)  【試合経

記事を読む

%e9%bb%92%e7%94%b0

広島・黒田、引退会見「満足できる野球人生だった」

 今季限りで現役を引退した広島の黒田博樹投手(41)が4日、広島市のマツダスタジアムで記者会見を行っ

記事を読む

稲村亜美

“神スイング”稲村亜美 元本塁打王セギノール氏に打たれた

◇パ・リーグ 日本ハム3―0西武(2016年6月28日 札幌D)  CMの「神スイング」で話題

記事を読む

金崎夢生が日本代表初ゴール

金崎夢生が日本代表初ゴール!日本、シンガポールに3-0完勝 再びE組首位に

「W杯アジア2次予選、シンガポール0-3日本」(12日、シンガポール)  日本が完全に試合を支

記事を読む

ビシエド

竜新助っ人ビシエド、ウッズ級の大砲だ!森ヘッドが太鼓判

ドミニカ共和国から帰国した中日・森繁和ヘッドコーチ(61)が1日、名古屋市内の球団事務所で新外国人3

記事を読む

プレミア12 韓国

韓国に痛恨逆転負け 9回の継投悔やむ小久保監督、松井投入は「酷だった」

好調の則本も9回続投でつかまり「自分が甘かった」  侍ジャパン日本代表は19日、東京ドームで行われ

記事を読む

キックオフから、わずか2秒でゴール

キックオフから、わずか2秒でゴール…。ブラジルで衝撃的な記録が誕生

現地時間2月27日に開催されたブラジルのセアラー対グアラニーとの試合で、キックオフから2秒で得点が決

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
かしわ記念
コパノリッキー連覇!これぞ武マジック/かしわ記念

<かしわ記念>◇5日=船橋◇統一G1◇ダート1600メート◇4歳上◇出

くせえな、お前
「くせえな、お前」 浦和DF森脇が鹿島MFレオ・シルバに侮辱発言か 小笠原「言葉の暴力」と憤慨

両軍入り乱れる騒動後、森脇がある言動をしたと小笠原が主張  鹿島アン

菊池涼介
侍菊池が魅せた!忍者守備でまたも世界を魅了

 侍ジャパンの菊池涼介内野手(27=広島)が守備で魅せた。  両

yjimage (1)
「ふざけんな!」「誰がおばさんだ!」20代女 バスで男性殴り書類送検 “優先席”で口論か 札幌市

 札幌市内を走るバス車内で2月、男性を殴ったとして、乗客の女が暴行の疑

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc
<三重・ヤマト運輸>チェーンソー振り回し男を逮捕

 ◇県警伊賀署、暴力行為等処罰法違反容疑で  三重県伊賀市のヤマ

→もっと見る

  • YouTubemail
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑