大谷 日本最速165キロ3連発!DH守護神が漫画みたいな初S

公開日: : スポーツ

 ◇パ・リーグCSファイナルS第5戦 日本ハム7―4ソフトバンク(2016年10月16日 札幌D)

 日本ハムは16日、レギュラーシーズン2位のソフトバンクに7―4で逆転勝ち。リーグ優勝による1勝のアドバンテージを加えて4勝2敗とし、4年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。3点リードの9回には「3番・DH」で先発していた大谷翔平投手(22)が救援。自身の持つプロ野球最速を更新する165キロを連発し、公式戦初セーブを挙げた。22日からの日本シリーズでは、セ・リーグ優勝の広島と対戦する。

 誰もが目を、耳を疑った。3点リードし、あとアウト3つで日本シリーズ進出が決まる9回。大谷のDHが解除され、投手としてアナウンスされた。ベンチ前ではナインが列をつくり送り出す。超満員4万1138人の大歓声が、背番号11を包んだ。

 「良い雰囲気でマウンドに上がれたので、良いパフォーマンスを出せた」。目を血走らせ、力を解き放つ。先頭・松田への初球に163キロでファウルを奪うと、スライダーで空振り三振。球場がどよめいたのは、続く吉村の初球だ。自身が持つプロ野球最速を1キロ更新する165キロで空振り。これには、相手ベンチの内川も思わず口をあんぐり。そして、再びスライダーで空振り三振。本多には、2球目に空振りを奪ったフォークが151キロを計測する。3球目、6球目にまたも165キロ。最後は高速フォークで遊ゴロに仕留めた。異次元の15球で、自身初セーブ。直球8球の平均球速は164・1キロだった。

 漫画のようなストーリーは、2―4の4回の攻撃前に動きだした。ロッカールームに戻ると、厚沢ベンチコーチが登板の準備を告げにやって来た。大谷は自ら「行きましょうか?」と問いかけた。当初予定は第6戦での中継ぎ待機だったが、ここが勝負だと踏んだ。

 その思いは栗山監督も同じ。「翔平が珍しくずっとこっちを見ていた。“チームのために勝ちましょうよ”って」。5回からブルペンで準備を始め、7回には捕手を座らせ本格投球。「DHで出ていたので、(アップなしで)直接キャッチボールをしても問題なかった」。通常はダッシュで体の切れを出すが、この日はベースランニングで補った。負ければ逆王手というアドレナリンと、自然な筋肉のほぐれが、規格外の剛球を呼んだ。

 その姿は海の向こうの大投手とダブった。大谷も「好きな選手」に挙げるドジャースのエース左腕カーショーだ。ナ・リーグ地区シリーズで中3日で第4戦に先発し、さらに負ければ敗退の第5戦では、中1日で9回に救援し、チームをシリーズ突破に導いた。「中3日と中1日で投げて、そこで抑えるのも凄い」と感嘆していたが、カーショーに負けない大車輪の働き。1、2戦を視察したマリナーズのティム・キスナー国際スカウト部長は「二刀流でのメジャー挑戦も不可能ではない」と太鼓判を押した。

 野手で先発しマウンドに立つのは、新人だった13年以来2度目。だが、今回は登板間隔は中3日で、その間は野手でも出場している。栗山監督は「こういうことは二度と起こらない。来年もない」と、一世一代の勝負手だったことも明かした。

 その指揮官は「日本シリーズも無理をさせない」と言ったが、22日からの広島との日本シリーズで開幕投手を務める可能性はある。「マツダはきれいで好きな球場。ワクワクしている」と大谷。この男にしかできない二刀流で次は頂上決戦に臨む。 

 ≪史上初先発野手S≫先発DHの大谷(日)が9回から救援し、公式戦を含め自身初となるセーブ。セーブが制定された74年以降、レギュラーシーズン、ポストシーズンを通じ先発野手の救援登板は、74年9月29日南海戦の高橋博士(日=先発一塁)、95年5月9日オリックス戦のデストラーデ(西=先発DH)、13年8月18日ソフトバンク戦の大谷自身(先発右翼)に次ぎ4度目になるが、セーブを記録するのは初めてだ。また、第1戦では先発勝利。プレーオフ、CSの同一ステージで先発勝利&セーブは、74年プレーオフの村田兆治(ロ)、13年ファイナルSの田中将大(楽)に次ぎ3人目となった。

 ≪13年に5番・右翼→中継ぎ≫大谷(日)が打者で先発し試合途中から投手として登板するのは、レギュラーシーズンの13年8月18日のソフトバンク戦以来2度目。その時は5番・右翼で先発し、4回には右前打を放った。8回表からは中継ぎとしてマウンドに上がると、1イニングを1安打無失点。その裏の4打席目で三振に倒れると、そのまま試合から退いた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000076-spnannex-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

レフトゴロ

【レフトゴロ】阪神・梅野 金本監督がベンチ出て審判団に確認

「巨人-阪神」(6日、東京ドーム)  阪神が不運な「レフトゴロゴロ」で、反撃への流れがしぼんで

記事を読む

乾貴士

スペイン紙、エイバル乾貴士のミドル弾を紹介「素晴らしい個人技」

リーガ・エスパニョーラ第25節が20日に行われ、セルタとMF乾貴士が所属するエイバルが対戦。乾はフル

記事を読む

平田良介

【平田良介】起死回生のトリックプレーに「してやったりでしたね」

 中日・平田良介外野手(28)が起死回生のトリックプレーでチームの危機を救った。同点に追いつかれた直

記事を読む

金崎夢生が日本代表初ゴール

金崎夢生が日本代表初ゴール!日本、シンガポールに3-0完勝 再びE組首位に

「W杯アジア2次予選、シンガポール0-3日本」(12日、シンガポール)  日本が完全に試合を支

記事を読む

ドリフト走行

日産のGT-R、最速ドリフト走行でギネス記録 時速304.96キロ達成

 日産自動車は、特別にチューニングした「NISSAN GT-R」2016年モデルが世界最速ドリフト走

記事を読む

かしわ記念

コパノリッキー連覇!これぞ武マジック/かしわ記念

<かしわ記念>◇5日=船橋◇統一G1◇ダート1600メート◇4歳上◇出走10頭  これぞユタカ

記事を読む

韓国背負い

韓国背負い、中学生以下禁止 事故につながる可能性

全日本柔道連盟は14日に都内で理事会を開き、中学生以下を対象に、いわゆる「韓国背負い」を禁止とする方

記事を読む

井筒親方

井筒親方が休場 嘉風と激突し左足骨折加療3カ月

 審判部副部長の井筒親方(54=元関脇逆鉾)が、左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折で、手術加療、

記事を読む

日韓戦

【日韓戦】U23日本、0-2から3発逆転! ドーハの奇跡V

<リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本3-2韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

記事を読む

ビシエド

中日ビシエド「人生初」1イニング2発は19人目

<巨人1-8中日>◇7日◇東京ドーム  「人生初」の1イニング2発だ。中日の主砲ダヤン・ビシエ

記事を読む

キックオフから、わずか2秒でゴール

キックオフから、わずか2秒でゴール…。ブラジルで衝撃的な記録が誕生

現地時間2月27日に開催されたブラジルのセアラー対グアラニーとの試合で、キックオフから2秒で得点が決

記事を読む

安美錦

安美錦、アキレス腱断裂!「ボンっと音が」力士生命の危機

◆大相撲夏場所2日目 ○栃ノ心(つきひざ)安美錦●(9日・両国国技館)  現役関取最年長で西前

記事を読む

香川真司QBK

香川真司QBK炸裂 絶好機を逃しいら立つ

【前半43分 日本】 岡崎のポストプレーから武藤がエリア内へ抜け出す。 深くえぐってからファー

記事を読む

df26b936095282f7873d572f056d22c4_1524328172_2

【錦織圭】ズベレフ下し初優勝へ王手!

https://youtu.be/HfYizY4RlDI

記事を読む

浅田真央

【フィギュア】「予想外のレベル」真央SP首位発進 本郷が2位

◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦「中国杯」(6日、北京)  女子ショートプログラム(S

記事を読む

50メートル弾

中京大中京・辻スーパーFK最長タイ50メートル弾

<高校サッカー:中京大中京3-0札幌大谷>◇2回戦◇2日◇NACK  驚異的な大会史上最長タイ

記事を読む

ホールインワン

【超レア】マスターズ初の偉業 16Hで1日3人がホールインワン達成

 80年のマスターズの歴史で初の偉業だ。  16番パー3(170ヤード)でエースが1日に3人も

記事を読む

2段モーション

【2段モーション】専大松戸・原のフォームを審判が指摘

「全国高校野球・1回戦、花巻東4-2専大松戸」(7日、甲子園)  ドラフト候補対決は予想外の結

記事を読む

PK2018042802100155_size0

【大谷翔平】強烈4号に衝撃!!

https://youtu.be/Nlm4a8cmJuQ

記事を読む

0027155384

【ザギトワ】秋田犬のマサルが贈呈!

https://youtu.be/LbyTViOydos

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑