巨人・高木京介が号泣会見「恐ろしい人」、賭博公表後に家族に電話も

公開日: : スポーツ

野球賭博への関与が発覚した巨人・高木京介投手(26)が9日、東京・大手町の球団事務所で記者会見し、涙ながらに謝罪した。賭博問題での当該選手の会見は初めてで、泥沼にはまっていく経緯が生々しく語られた。前日8日の球団による公表後に笠原将生元投手(25)、賭博の相手とされる飲食店経営者Bから本人、家族に何度も電話がかかっている事実も判明。球団は、10日に日本野球機構(NPB)に高木京を告発する。

 伝統ある球団旗の前で10秒間、高木京は深々と頭を下げた。無数のフラッシュに改めて罪の重さを感じたのか、唇は震え、声は裏返り、目には涙が浮かんだ。

 「この度、野球賭博に関与してしまい、巨人軍の関係者の皆さん、選手の皆さん、そして小学校から野球をやってきて、それまでに携わってきた関係者の皆さんを裏切ってしまい、本当に申し訳ありませんでした」

 一連の問題で、当該選手が会見するのは4人目にして初めて。自ら球団に申し出て開かれた。まず、約10分間にわたって前日8日に公表された経緯が説明されたが、浮かび上がったのは発覚を恐れ、賭博の相手とされる飲食店経営者Bにおびえる姿だった。

 今年2月のキャンプ中、笠原元投手に「(Bに)もうこれ以上、連絡をしてほしくない」と頼んだ後も連絡が続いたという。Bと口裏を合わせ、球団の調べに、笠原元投手に「名義を貸しただけ」と主張していたが前日8日に観念した。「精神的に参って、これ以上、嘘をつき通すには限界があると思った。奥さんと両親に相談して…本当の真実を言う決意をしました」。家族に言及した瞬間、言葉を詰まらせた。

 球団による8日の公表後にもB、笠原元投手から高木京や家族に何度も電話があり、出ていない状況だという。「(Bは)最初はすごくいい人だと思ったけど、今はすごく怖いというか、恐ろしい人だと思う」。泥沼にはまっていく様子が、生々しく語られた。

 暴力団事件を担当する警視庁組織犯罪対策4課が、高木京に任意で事情聴取する方針を固めたことも分かった。全容解明へ、反社会的勢力の関与についても“捜査のメス”が入るとみられる。

 球団は、10日に高木京をNPBに告発する。昨年10月7日に福田元投手を告発した際には笠原、松本竜両元投手の関与も発覚。同11月10日に3人に無期失格、球団に制裁金1000万円の処分が下った。最終的な処分はNPBの調査委員会の調査を経て下されるが、高木京も同程度の厳罰になる可能性が高く、球団へのより厳しい処分も考えられる。

 質疑応答は3問で打ち切られ、高木京は最後に「まずは自分が野球賭博をやってしまったということを深く反省して、それをしっかり受け止めて前に進んでいきたい」と声を絞り出した。在京テレビ局4社が同時間帯のニュースで生中継し、球団には午後4時までに電話54件、メール80件の問い合わせがあった。日本中の厳しい目が注がれた謝罪会見。軽率な行動の代償は、大きかった。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000011-sanspo-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

山中慎介

山中慎介 激闘制しV10!地元に感謝「気持ちが折れずに戦えた」

◆報知新聞社後援「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム(53・5キロ以下)タイトルマッ

記事を読む

アロンソ

マクラーレン・ホンダのアロンソが大クラッシュ、オーストラリアGP

 16F1開幕戦、オーストラリアGP(Australian Grand Prix 2016)は20日

記事を読む

内山高志KO陥落

内山高志「完全なKO負け」V12失敗わずか2R

<プロボクシング:WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇27日◇大田区総合体育館

記事を読む

%e9%bb%92%e7%94%b0

広島・黒田、引退会見「満足できる野球人生だった」

 今季限りで現役を引退した広島の黒田博樹投手(41)が4日、広島市のマツダスタジアムで記者会見を行っ

記事を読む

%e4%b8%89%e6%b5%a6%e5%a4%a7%e8%bc%94

DeNA“番長”三浦 ラスト登板は10失点 25年間の現役生活にピリオド

「DeNA6-11ヤクルト」(29日、横浜スタジアム)  DeNAの三浦大輔投手(42)が今季

記事を読む

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89

カープ優勝パレード 31万人 沿道赤く染まる

 プロ野球広島カープの25年ぶりのセ・リーグ優勝を祝うパレードが5日、広島市中心部の平和大通りで行わ

記事を読む

マルコスマテオ

虎、新守護神・マテオ獲得!呉昇桓の交渉打ち切りから3日で大筋合意

阪神が来季の新守護神候補としてリストアップしていた米大リーグ、パドレスのマルコス・マテオ投手(31)

記事を読む

井筒親方

井筒親方が休場 嘉風と激突し左足骨折加療3カ月

 審判部副部長の井筒親方(54=元関脇逆鉾)が、左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折で、手術加療、

記事を読む

中島翔哉

【中島翔哉】日本対イラン 鮮烈ミドル弾…日本リオ五輪王手

◇U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン(2016年1月22日 カタール・ドーハ)

記事を読む

杉谷拳士

【日本ハム】杉谷、3日連続でウグイス嬢の“口撃”

日本ハムの杉谷拳士内野手(24)が13日、敵地・西武プリンスドームで3日連続で“口撃”を受けた。

記事を読む

%e5%86%85%e5%b7%9d

大谷 日本最速165キロ3連発!DH守護神が漫画みたいな初S

 ◇パ・リーグCSファイナルS第5戦 日本ハム7―4ソフトバンク(2016年10月16日 札幌D)

記事を読む

浅野拓磨

FW浅野拓磨 不発に号泣…ラスト絶好機にパス選択

 「キリン杯・決勝、日本1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ」(7日、市立吹田サッカースタジアム)

記事を読む

%e9%bb%92%e7%94%b0%e5%8d%9a%e6%a8%b9

黒田 引退の決意の背景に「9回を投げられない体になった」

 広島の黒田博樹投手(41)が18日、広島市内のホテルで記者会見を行い、今季限りで引退することを表明

記事を読む

%e9%99%bd%e5%b2%b1%e9%8b%bc

陽岱鋼、涙のFA宣言「戦力構想に入ってないと感じた」

 涙の決別宣言――。日本ハムの陽岱鋼外野手(29)が7日、札幌市内の球団事務所で会見を行い、今季取得

記事を読む

根尾昴

【根尾昴】最速146キロ、スキーは全中優勝!逸材右腕が大阪桐蔭進学へ

万波と同じ2000年生まれの「ミレニアム世代」は逸材が他にもめじろ押しだ。  飛騨高山ボーイズ

記事を読む

松坂大輔

ソフトバンク松坂スライダーエグいッ!城所「真横に曲がってヤバかった」

「ソフトバンク春季キャンプ」(16日、宮崎)  右肩手術からの復活を目指すソフトバンク・松坂大

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

琴勇輝

白鵬、駄目押しなら出場停止も…琴勇輝「ホウ!」にも注意

 日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)、藤島副部長(元大関武双山)、友綱副部長(元関脇魁輝

記事を読む

秋山翔吾

西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪  西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球の

記事を読む

渡部香生子 金

渡部香生子が世界水泳で「金」 自身2個目のメダル獲得

水泳の世界選手権第15日は7日、ロシアのカザンで行われ、競泳女子200メートル平泳ぎ決勝で渡部香生子

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
かしわ記念
コパノリッキー連覇!これぞ武マジック/かしわ記念

<かしわ記念>◇5日=船橋◇統一G1◇ダート1600メート◇4歳上◇出

くせえな、お前
「くせえな、お前」 浦和DF森脇が鹿島MFレオ・シルバに侮辱発言か 小笠原「言葉の暴力」と憤慨

両軍入り乱れる騒動後、森脇がある言動をしたと小笠原が主張  鹿島アン

菊池涼介
侍菊池が魅せた!忍者守備でまたも世界を魅了

 侍ジャパンの菊池涼介内野手(27=広島)が守備で魅せた。  両

yjimage (1)
「ふざけんな!」「誰がおばさんだ!」20代女 バスで男性殴り書類送検 “優先席”で口論か 札幌市

 札幌市内を走るバス車内で2月、男性を殴ったとして、乗客の女が暴行の疑

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc
<三重・ヤマト運輸>チェーンソー振り回し男を逮捕

 ◇県警伊賀署、暴力行為等処罰法違反容疑で  三重県伊賀市のヤマ

→もっと見る

  • YouTubemail
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑