村田諒太が2回KO勝ち 年内世界王座挑戦へ大前進

公開日: : スポーツ

<プロボクシング:ノンタイトル10回戦>◇30日◇中国・上海オリエンタルスポーツセンター

 WBC世界ミドル級5位村田諒太(30=帝拳)が、豪快なKOで勝負の16年初戦を飾った。WBCスペイン語圏同級王者ベガ(32=アルゼンチン)と対戦。初回に右ストレートでダウンを奪うと、続く2回に打ち下ろしの右で一気にとどめを刺した。陣営は年内に世界王座挑戦を計画しており、夢の実現に向け、大きな1歩を踏み出した。村田は戦績を9勝(6KO)とした。

 これが俺の右だ。試合開始わずか90秒、村田はロープ際に相手を追い詰めると、迷いなく剛腕を振り抜いた。左側頭部に被弾したベガは、苦しい表情を浮かべ、腰から崩れ落ちた。続く2回、一気に決めにいった。ロープ際に後退させると、右。体を入れ替え、打ち下ろすように、再び右。ふらふらで立ち上がることが出来ない相手を確認し、レフェリーが試合を止めた。

 2戦ぶりの豪快なKO劇に「やっと右の感覚を取り戻せた。左足で重心をコントロールして打ち込めた。右が当たればどんな相手でも倒せると自信になった」。五輪を制した大砲の復活が、何よりの喜びだった。

 屈辱からの再スタートだった。昨年11月のプロ第8戦。消化不良の判定決着に、試合後の控室では部屋の隅に置かれたいすに座り、悔しさのあまり10分以上も動けなかった。日本人48年ぶりの五輪金メダリスト、世界的な激戦階級であるミドル級での偉業-。自問自答の末に、そんなプライドを捨てた。「あの試合で伸びていた鼻が折れた」。

 デビューから約2年半。苦悩の末に行き着いた先はシンプルなものだった。今回の試合に向け、右ストレートで相手をなぎ倒す攻撃的なスタイルに戻すと、自然と読む本も変わった。哲学、心理学とさまざまな畑からヒントを探し続けた読書家が、はっとする1冊に出会った。タイトルは「考えない練習」。人生で初めてノートにメモを取るほど心に合致し、迷いが吹っ切れた。

 世界挑戦が計画される16年。豪快に初戦を飾るも、控室に戻るとすぐに表情を引き締め直した。「良いスタートが切れたが、自分はこの試合に勝つためにやっているのではない。世界王者という夢がある」。日本中を歓喜に包んだ五輪から4年。「勝負の年」に、村田が大きな1歩を踏み出した。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000045-nksports-fight

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

岡崎

岡崎弾で勝利のレスター、首位守りクリスマスへ

15-16イングランド・プレミアリーグは19日、第17節の試合が行われ、レスター・シティ(Leice

記事を読む

稲村亜美

“神スイング”稲村亜美 元本塁打王セギノール氏に打たれた

◇パ・リーグ 日本ハム3―0西武(2016年6月28日 札幌D)  CMの「神スイング」で話題

記事を読む

フラミンゴ投法

鶴岡東・福谷「フラミンゴ投法」で143球完投!

143球目は、低めへのスライダーだった。鶴岡東のエース左腕・福谷が最後の打者を三ゴロに仕留め、息をつ

記事を読む

50メートル弾

中京大中京・辻スーパーFK最長タイ50メートル弾

<高校サッカー:中京大中京3-0札幌大谷>◇2回戦◇2日◇NACK  驚異的な大会史上最長タイ

記事を読む

久保建英 プレミア

【久保建英】14歳久保が圧巻のプレミアデビュー、1ゴール1アシストでFC東京U-18に大勝呼び込む

 いきなり、魅せた。後半に途中出場で高校年代最高峰の舞台に「飛び級」デビューを果たした中学3年生の久

記事を読む

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e7%bf%94%e5%b9%b3

日本ハム、4年ぶりパ制覇 大谷が15奪三振の快投

プロ野球パ・リーグの日本ハムは28日、西武プリンスドームで行われた西武戦に1-0で勝って4年ぶり7度

記事を読む

本田圭佑

ナポリ対ミランはドローで痛み分け フル出場本田が同点弾を演出

22日に行われたセリエA第26節、ナポリ対ミランの一戦は、1-1のドローに終わった。MF本田圭佑は先

記事を読む

MLB大乱闘6人退場

MLB大乱闘6人退場 二塁滑り込み巡って顔面パンチ、さらに危険球も

 米大リーグ、レンジャーズ対ブルージェイズ戦で二塁へのスライディングを巡って大乱闘がぼっ発し、その直

記事を読む

メジャーエンブレム

メジャーエンブレム5馬身差圧勝/クイーンC

<クイーンC>◇13日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走16頭  クリストフ・ルメ

記事を読む

サイン盗み

サイン盗み?秀岳館 球審から注意受けた 二塁走者の手の動きが…

◇第88回選抜高校野球大会1回戦 秀岳館6―5花咲徳栄(2016年3月23日 甲子園) 秀

記事を読む

岡崎慎司

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。今季5ゴールは全てアウェイでの得点

岡崎慎司は“ヒール”であり続ける。  今季よりレスター・シティで活躍する日本代表FW岡崎慎司だ

記事を読む

本田 アシスト

本田、痛恨の決定機で凡ミスもアシストで名誉挽回! 伊メディアも高評価

【ミラン 5-0(6-0)アレッサンドリア コッパ・イタリア 準決勝】  コッパ・イタリア準決

記事を読む

村田諒太

村田諒太が世界へ加速 プロ10戦目4回TKO勝利

<プロボクシング:WBCノンタイトル10回戦>◇14日◇中国・香港  【香港=奥山将志】WBC

記事を読む

ヘディング香川

香川がヘディングで5年ぶりダービー弾

 ブンデスリーガは8日、第12節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでシャルケ

記事を読む

幻の本塁打

広島が延長十二回“幻の本塁打”で勝利逃す

「阪神2-2広島」(12日、甲子園球場)  延長十二回ドロー。広島は微妙な判定に泣き、勝利を逃

記事を読む

スーパーミドル弾のバーディ

キャリア最高のゴールも…スーパーミドル弾のバーディ「ただのゴールだよ」

 2日に行われたプレミアリーグ第24節でリバプールと対戦したFW岡崎慎司の所属するレスター・

記事を読む

ブーメラン継投

石見智翠館 甲子園を驚かせた「ブーメラン継投」

石見智翠館(島根)は、ピンチになると主将の右腕・田中将貴(3年)がマウンドに上がる「ブーメラン継投」

記事を読む

高木京介 会見

巨人・高木京介が号泣会見「恐ろしい人」、賭博公表後に家族に電話も

野球賭博への関与が発覚した巨人・高木京介投手(26)が9日、東京・大手町の球団事務所で記者会見し、涙

記事を読む

一本背負い投法

【一本背負い投法】札幌東・近藤、“一本背負い投法”のきっかけは?

◆第70回秋季北海道高校野球大会札幌地区予選 Eブロック2回戦 札幌東2-0札幌光星(6日、札幌・麻

記事を読む

久保

【U-17ワールドカップ】久保建英、中村敬斗がゴール!!

サッカーのU─17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は8日、インドのグワハティなどで1次リーグ第1

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑