西武秋山、最終戦で駆け抜け日本新の216安打

公開日: : スポーツ

<オリックス4-1西武>◇1日◇京セラドーム大阪

 西武秋山翔吾外野手(27)がプロ野球のヒットメーカーの頂点に立った。今季最終戦のオリックス戦で6回に三塁内野安打を放ち、シーズン215安打。214本で並んでいた10年の阪神マートンを超えてプロ野球記録を樹立した。9回にも中堅左への三塁打で216本に記録を伸ばした。しかしチームは敗れ、ロッテと入れ替わり、4位に陥落。5試合を残しているロッテが2勝すれば3位が確定するため、CS進出へ窮地に立たされた。

 秋山が新たな領域を創造した。6回1死。バリントンの外角高め直球を三遊間へはじき返す。懸命に俊足を回転させる。一塁ベースへ駆け込み、アピールするように両手を広げる。今季215度目のHランプ。81年のプロ野球史で、ついに頂点に立った。「光栄です。でも野球界の上に名前があるのは恥ずかしい」と現実感が湧かなかった。

 前人未到のヒット数を並べてきた。希代のパワーヒッターだった松井秀喜は過去の本塁打の日時、カウント、対戦相手を細かく記憶している。200本以上のヒットの記憶力は-。「あまり覚えていないもんです。それはヒットの少ないシーズンでも同じ。毎年、オフにヒット集の映像を見ると『こんなヒットあったっけ?』と思う」と記憶の片隅に埋没するものもある。

 それでも心に刻む1本がある。6月9日の交流戦広島戦の今季92安打目。同世代のエース前田から8回1死満塁で左翼線に決勝の2点適時二塁打を放った。「シチュエーション、打球方向、相手…。今年のベストヒットです」と振り返る。

 チームの勝利を第一義に置きながら、数字との戦いに挑んできた。「数字は好きな方ですよ。それを意識することはありませんが」。数字に対する感覚が鋭い。イチローのシーズン210安打に王手をかけていた前日30日の試合前。苦闘しながら積み上げたプロ通算211本目の安打を聞かれ、頭脳を回転させた。「1年目が66安打、2年目が118安打だから残り27本ですよね。3年目は開幕から調子が良かったので4月ぐらいじゃないですか」。ホームランで達成とヒントを差し出すと「楽天戦じゃないですか?」。13年4月27日の楽天戦、則本からの4号ソロが答えだった。

 最後までヒットより勝利を追求した。4点を追う9回。中堅左を破る三塁打で216本に伸ばした。「初回に出ていれば試合展開も変わったかも。1番として初回に塁に出るのは大事」。CS進出が大きく後退する敗戦は重たかった。

 だが快挙は残る。秋山は膨大なヒット数の意味を考える。「それだけ打席に立たせてもらったことに感謝したい」。216回の快音を感謝に置き換えた。【広重竜太郎】

 ▼秋山が2安打を加え今季216安打。10年マートン(阪神)の214本を抜くシーズン最多安打のプロ野球新記録をマークした。打率3割5分9厘で今季全日程終了。現時点で柳田(ソフトバンク)の3割6分5厘を上回ることができず、安打のプロ野球記録で高打率を残しても首位打者になれない不運となりそうだ。ちなみに首位打者を逃した打者の高打率3傑は(1)86年クロマティ(巨人)3割6分3厘(2)79年新井(南海)3割5分8厘(3)81年篠塚(巨人)3割5分7厘で、秋山の打率はクロマティに次ぐ2番目に相当する。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000015-nksports-base

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

杉谷拳士

【日本ハム】杉谷、3日連続でウグイス嬢の“口撃”

日本ハムの杉谷拳士内野手(24)が13日、敵地・西武プリンスドームで3日連続で“口撃”を受けた。

記事を読む

アロンソ

マクラーレン・ホンダのアロンソが大クラッシュ、オーストラリアGP

 16F1開幕戦、オーストラリアGP(Australian Grand Prix 2016)は20日

記事を読む

779a9b2aa99c1e0a591731fca4808a7b_content

17歳MF久保建英が衝撃FK弾!!

記事を読む

村田諒太

村田諒太が2回KO勝ち 年内世界王座挑戦へ大前進

<プロボクシング:ノンタイトル10回戦>◇30日◇中国・上海オリエンタルスポーツセンター  W

記事を読む

バレンティン

甲子園上空から魚降った!バレンティン「すごいニオイ」困惑

<阪神1-5ヤクルト>◇8日◇甲子園  阪神がヤクルトと戦っている甲子園の上空から魚が落ちてき

記事を読む

岡崎のオーバーヘッド

地元紙がレスター岡崎のオーバーヘッド弾に賛辞 「試合は忘れ去られても、記憶に残るゴール」

レスターの日本代表FW岡崎慎司は14日のニューカッスル戦で、本拠地キングパワー・スタジアムでの今季

記事を読む

シャラポワ

シャラポワが薬物検査で陽性、「大きな過ち犯した」

女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(28、ロシア)は7日、ロサンゼルスで記者会見を開き

記事を読む

稲村亜美 自己最速

神スイング・稲村亜美 始球式でついに100キロ超え!自己最速103キロ

 ウェブCMで披露した「神スイング」で人気のタレント・稲村亜美(20)が24日、ロッテ―オリックス戦

記事を読む

%e5%86%85%e5%b7%9d

大谷 日本最速165キロ3連発!DH守護神が漫画みたいな初S

 ◇パ・リーグCSファイナルS第5戦 日本ハム7―4ソフトバンク(2016年10月16日 札幌D)

記事を読む

201903110455521d9

【香川真司】“劇的決勝ゴール”を現地メディア絶賛!

記事を読む

一本背負い投法

【一本背負い投法】札幌東・近藤、“一本背負い投法”のきっかけは?

◆第70回秋季北海道高校野球大会札幌地区予選 Eブロック2回戦 札幌東2-0札幌光星(6日、札幌・麻

記事を読む

中島翔哉

【中島翔哉】日本対イラン 鮮烈ミドル弾…日本リオ五輪王手

◇U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン(2016年1月22日 カタール・ドーハ)

記事を読む

金崎夢生が日本代表初ゴール

金崎夢生が日本代表初ゴール!日本、シンガポールに3-0完勝 再びE組首位に

「W杯アジア2次予選、シンガポール0-3日本」(12日、シンガポール)  日本が完全に試合を支

記事を読む

s_sponichi-spngoo-20180509-0109

【清宮】プロ初ホームラン!!

https://youtu.be/LFWCwsmcvME

記事を読む

内山高志KO陥落

内山高志「完全なKO負け」V12失敗わずか2R

<プロボクシング:WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦>◇27日◇大田区総合体育館

記事を読む

ビシエド

中日ビシエド「人生初」1イニング2発は19人目

<巨人1-8中日>◇7日◇東京ドーム  「人生初」の1イニング2発だ。中日の主砲ダヤン・ビシエ

記事を読む

岡崎

岡崎弾で勝利のレスター、首位守りクリスマスへ

15-16イングランド・プレミアリーグは19日、第17節の試合が行われ、レスター・シティ(Leice

記事を読む

レフトゴロ

【レフトゴロ】阪神・梅野 金本監督がベンチ出て審判団に確認

「巨人-阪神」(6日、東京ドーム)  阪神が不運な「レフトゴロゴロ」で、反撃への流れがしぼんで

記事を読む

浅田真央

【フィギュア】「予想外のレベル」真央SP首位発進 本郷が2位

◆フィギュアスケート GPシリーズ第3戦「中国杯」(6日、北京)  女子ショートプログラム(S

記事を読む

ヘディング香川

香川がヘディングで5年ぶりダービー弾

 ブンデスリーガは8日、第12節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでシャルケ

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑