【高校サッカー】青森山田、後半ロスタイムの悲劇 決勝進出逃す

公開日: : スポーツ, 国内

◆第94回全国高校サッカー選手権 ▽準決勝 国学院久我山(東京A)2(1─1、1─0)1青森山田(青森)(9日・埼玉スタジアム)

 悲願の初Vには届かなかった。青森山田(青森)は準決勝で国学院久我山(東京A)に1―2で敗れ、09年度大会以来となる決勝進出を逃した。前半17分、チーム最大の武器であるDF原山海里(3年)のロングスローから、FW鳴海彰人(2年)が頭で合わせて先制。しかし同25分に追いつかれると、ロスタイムに入った後半48分、勝ち越しゴールを奪われ力尽きた。先発11人中5人が2年生と大きな可能性を秘めている青森山田は、20年連続出場がかかる次回大会での優勝を目指す。

 ここまで、終了直前に数々のミラクルを起こしてきた青森山田が、後半ロスタイムに力尽きた。今大会参加校中最長の19年連続出場のチームを率いてきた黒田剛監督(45)は「改めて高校サッカーの厳しさを痛感した。最後は久我山さんの思いが逆転ゴールを生み出したんだと思います」と悔しさをかみ締めた。

 負傷者続出が誤算だった。ロングスローで先制ゴールを演出したDF原山は右足首を痛め、痛み止めの座薬を使いながらのプレー。DF北城俊幸主将(3年)は頭部に相手のスパイクが入り出血。包帯で頭をぐるぐる巻きにしてピッチに戻り「チャンスは作れたが、点を取らないと勝てない。最後の最後に甘さが出てしまった」と試合後は病院に直行した。

 決勝進出こそ逃したが、今大会のスタメンは、チーム最多4ゴールのMF高橋壱成を始め11人中5人が2年生。U―18代表GK広末陸(2年)は「雪がグラウンドに積もれば、控えメンバーが雪かきをして『レギュラーは休んでいろ』と言ってくれた。すごくいい雰囲気のチーム」と全員が一体となって戦った1年を振り返る。「この悔しさを来年生かしたい。日本一を目標に自分の経験を伝えたい」と新チームの軸となるつもりだ。

 黒田監督は「雪国が雪のない地域のチームにどう勝っていくか。辛抱強く、我慢して雪解けまで体力、メンタルを鍛え上げる指導は変わらない。最後の一歩、ロスタイムに勝ち切れるチームを作って、出直してきたい」と、伝統を守りながら結果を出し続ける覚悟を口にした。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160109-00000078-sph-socc

スポンサー リンク

スポンサー リンク

関連記事

稲村亜美 自己最速

神スイング・稲村亜美 始球式でついに100キロ超え!自己最速103キロ

 ウェブCMで披露した「神スイング」で人気のタレント・稲村亜美(20)が24日、ロッテ―オリックス戦

記事を読む

%e4%b8%89%e6%b5%a6%e5%a4%a7%e8%bc%94

DeNA“番長”三浦 ラスト登板は10失点 25年間の現役生活にピリオド

「DeNA6-11ヤクルト」(29日、横浜スタジアム)  DeNAの三浦大輔投手(42)が今季

記事を読む

柿谷

【C大阪】柿谷“ひらめき”芸術的ヒール弾で開幕3連勝

◆J2第3節 C大阪1―0群馬(12日・キンチョウスタジアム)  帰ってきた背番号8の“ひらめ

記事を読む

53f888183edda37e7485d2148cbe83d1_640px

【川内優輝】ボストンマラソン初制覇!

https://youtu.be/rztHvuMqU_4

記事を読む

岡本和真

松井氏以来の偉業!G・岡本、プロ初安打アーチ「信じられない」

(セ・リーグ、DeNA6-5巨人、21回戦、巨人11勝10敗、5日、横浜)黄金ルーキーが偉業達成だ!

記事を読む

プレミア12 韓国

韓国に痛恨逆転負け 9回の継投悔やむ小久保監督、松井投入は「酷だった」

好調の則本も9回続投でつかまり「自分が甘かった」  侍ジャパン日本代表は19日、東京ドームで行われ

記事を読む

杉谷拳士

【日本ハム】杉谷、3日連続でウグイス嬢の“口撃”

日本ハムの杉谷拳士内野手(24)が13日、敵地・西武プリンスドームで3日連続で“口撃”を受けた。

記事を読む

侍ジャパン

【侍ジャパン】中村晃サヨナラ打!5戦全勝で決勝T進出

◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 日本6x―5ベネズエラ(15日、台湾・桃園)  【試合経

記事を読む

マルコスマテオ

虎、新守護神・マテオ獲得!呉昇桓の交渉打ち切りから3日で大筋合意

阪神が来季の新守護神候補としてリストアップしていた米大リーグ、パドレスのマルコス・マテオ投手(31)

記事を読む

佐々木翔

【佐々木翔】横山知伸のスライディングを受け、右膝前十字靱帯断裂

 サンフレッチェ広島は22日、DF佐々木翔が右膝前十字靱帯断裂と診断されたことを発表した。全治につい

記事を読む

岡崎のオーバーヘッド

地元紙がレスター岡崎のオーバーヘッド弾に賛辞 「試合は忘れ去られても、記憶に残るゴール」

レスターの日本代表FW岡崎慎司は14日のニューカッスル戦で、本拠地キングパワー・スタジアムでの今季

記事を読む

2段モーション

【2段モーション】専大松戸・原のフォームを審判が指摘

「全国高校野球・1回戦、花巻東4-2専大松戸」(7日、甲子園)  ドラフト候補対決は予想外の結

記事を読む

山田哲人

燕・山田、史上9人目「トリプルスリー」確実!チームは虎と0・5差

(セ・リーグ、ヤクルト6-0広島、21回戦、ヤクルト11勝10敗、6日、神宮)ヤクルト・山田哲人内野

記事を読む

ニュースやまがた6時

NHKお天気お姉さん「号泣放送事故」の真相

誰かが泣かせた? NHK山形放送局「ニュースやまがた6時」でお天気キャスターを務めている気象予報士の

記事を読む

バトン落下

米代表、バトン落下で異例のタイムトライアルへ 女子400mリレー

リオデジャネイロ五輪で18日に行われた陸上女子4×100メートルリレーの予選で、ブラジル代表選手との

記事を読む

線路立ち入り動画

女子高生“線路立ち入り動画”ネットで炎上

地下鉄の線路内に立ち入った女子高校生の動画がインターネット上に投稿された。事故につながりかねない行為

記事を読む

沢村の大暴投

沢村の大暴投が米国でも話題 制御失った白球に「こんなの見たことない」

 巨人・沢村の大暴投が海の向こうでも話題となっている。米国のFOXスポーツは4日(日本時間5日)、フ

記事を読む

猫ひろし

猫ひろし五輪完走!ゴールで「にゃ~」からのガッツ

 リオ五輪男子マラソンにカンボジア代表として出場した猫ひろし(39)は見事に完走した。記録は2時間4

記事を読む

出雲駅伝

東海大10年ぶりV!青学大の3連覇阻む 出雲駅伝

<出雲全日本大学選抜駅伝>◇9日◇出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前(6区間45・1キロ) 東海

記事を読む

警告試合

【警告試合】巨人-中日戦が乱闘寸前の騒ぎで警告試合に ポレダの死球にルナが睨む

巨人・ポレダが荒れ球に苦しみながら後半戦初勝利となる7勝目を挙げた。5回115球を投げ5安打2失点(

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク

スポンサー リンク
  • YouTubemail (1)
  • 300×250
  • スポンサー リンク
PAGE TOP ↑